top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2023年のメットガラのテーマは「カール・ラガーフェルド」、批判も出ている理由とは?

フロントロウ

2023年5月に開催されるファッションの祭典メットガラのテーマが発表されるも、物議を醸している。(フロントロウ編集部)

2023年のメットガラのテーマが決定

 毎年5月の第1月曜日にメトロポリタン美術館で開催される、ファッションの祭典メットガラ。メトロポリタン美術館内で行なわれるファッション・エキシビジョンのオープニングイベントを兼ねるこのチャリティイベントでは、著名なセレブたちが1つのテーマに沿って、競い合うかのごとく豪華絢爛な着こなしを披露。

 そんな2023年のメットガラのテーマは「Karl Lagerfeld: A Line of Beauty(カール・ラガーフェルド:美のライン)」。2019年に亡くなった故カール・ラガーフェルドを称えるものになる。

 カールといえばモードの帝王と呼ばれ、シャネル(Chanel)やフェンディ(Fendi)そして自身の名前を冠にしたカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)などでデザイナーを務めてきたファッション界の重鎮。

広告の後にも続きます

 2019年に85歳で亡くなるも、ファッション界では今もなお存在感は強く、モデルのカーラ・デルヴィーニュは先日カールとのコラボコレクションCara Loves Karlを発表

 ファッション界にいなくてはいけない存在であるカールをテーマに行なわれるメットガラは、シャネルとフェンディ、そしてカール・ラガーフェルドとコンデナスト社が資金を提供。

 メトロポリタン美術館の館長であるマックス・ホラインは、「この没入型展覧会は、大衆にラガーフェルドの無限の想像力と革新への情熱の本質的な部分を体験してもらい、彼の独特な芸術活動を解き明かすものになります」とプレスリリースで語った。

カールがテーマになることが物議を醸す

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル