top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

エリザベス女王の死を知ったジョージ王子の「反応」をキャサリン妃が明かす

フロントロウ

×

英王室のウィリアム皇太子とキャサリン妃が亡くなったエリザベス女王の別邸を訪問し、献花に訪れた人たちと交流した。その場にいた人の話では、キャサリン妃が子どもたちの現在の様子を明かす場面もあったという。(フロントロウ編集部)

ウィリアム皇太子とキャサリン妃が献花に訪れた人たちと交流

 現地時間9月15日、亡くなったエリザベス女王の別邸として知られるサンドリンガム・ハウスをウィリアム皇太子キャサリン妃が訪問し、献花に訪れた人たちと言葉を交わした。

 門の前に手向けられた大量の花束や、花束に添えられたメッセージカードに目を通すウィリアム皇太子とキャサリン妃。

 エリザベス女王が亡くなって以降、ウィリアム皇太子夫妻を含むロイヤルファミリーのメンバーは、葬儀や即位に関連するさまざまな行事や儀式に臨んだり、今回のように女王とゆかりのある地を訪ねて人々と交流したり、多忙な日々を送っている。

広告の後にも続きます

 この日は2人とも少し疲れた様子で、心配した女性から「とても疲れているように見えます」と声をかけられたキャサリン妃は、「私たちは皆、とても疲れていますが、こうして集まった大勢の人たちや、皆さんの応援が私たちを支えてくれています」と答えたという。

キャサリン妃が3人の子どもたちの様子を明かす

 このとき、キャサリン妃と話をしたという人が英DailyMailに語った話によると、長男のジョージ王子はエリザベス女王の死を「ちゃんと理解している」が、長女のシャーロット王女と次男のルイ王子は「ジョージ王子ほどは理解していない」という。ちなみに、キャサリン妃は、先日、ウィンザー城の前で人々と交流した際に、女王の死後、ルイ王子が励ましの言葉をかけてくれたというエピソードも明かしている。

 エリザベス女王が亡くなった日も最後まで学校の授業に参加したジョージ王子とシャーロット王女、ルイ王子の3人は、“女王の死が子どもたちに与える影響を最小限に抑えたい”というウィリアム皇太子夫妻の意向もあって、女王の死後も一度も休むことなく学校に通っている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル