top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「インスタ位置情報 強盗殺人」ニッキーの“指摘”が炎上、「まだ自分の位置情報を投稿しているなんて」

フロントロウ

×

PnBロックが亡くなった後に、ラッパーのニッキー・ミナージュが追悼コメントを発表。その追悼コメントが注目を集めることに。(フロントロウ編集部)

PnBロックが位置情報で居場所を特定され銃殺

 2015年にリリースした楽曲「Selfish」がヒットし、ヤング・サグ、2チェインズ、ウィズ・カリファとの「Gang Up」や、コダック・ブラックとエイ・ブギー・ウィット・ダ・フーディとの「Horses」でも知られるPnBロックは、現地時間9月12日に強盗に銃撃されて死亡。この事件は、インスタグラムの投稿がきっかけだったことで注目を集めている。

 PnBロックは亡くなる前にインスタグラムのストーリーズで、高価なジュエリーを身につけている様子をアップ。その後PnBロックは恋人のステファニーとRoscoe’s Chicken and Wafflesで食事を楽しんでいたのだが、事件はそこで起こった。

 この時、ステファニーが自分たちの位置情報をつけてデートの様子をストーリーズに投稿。ステファニーがこの投稿をした約20分後にPnBロックが襲われたため、犯人たちはステファニーのインスタグラムを見たのではないかと言われている。

広告の後にも続きます

 PnBロックの痛ましい死には、ドレイクやオフセットなどのラッパー仲間がSNSで追悼しているが、現在地を公表した恋人にニッキー・ミナージュが苦言を呈した。

 ニッキーはPnBロックと「Fendi」という楽曲でコラボしたことがある。そんなニッキーは、「彼と一緒に仕事をするのはとても楽しかったです。彼のお母さんとご家族にお悔やみを申し上げます。これは私がとても気分が悪くなります」と追悼の言葉を口にしたほか、同時に、「ポップ・スモークの件があった後も、私たちラッパーや愛する人たちが、まだ自分の位置情報を投稿しているなんてありえないです」と、現在地を公開したことを攻めるような発言をして、“被害者を攻めるべきではない”と炎上している。

セレブのインスタ投稿に潜む危険性

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル