top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヘンリー王子と親族の確執は健在か、チャールズ国王が「使った言葉」の隠された意図に指摘

フロントロウ

×

ヘンリー王子&メーガン妃とロイヤルファミリーの確執は、まだあるよう。チャールズ国王がスピーチで使用した“言葉”のチョイスにも指摘が。(フロントロウ編集部)

ヘンリー王子とロイヤルファミリーの確執

 イギリスのエリザベス女王が9月8日にスコットランドのバルモラル城で逝去し、ロイヤルファミリーが城に駆けつけた。女王の孫であるヘンリー王子は妻のメーガン妃とアメリカで暮らしているが、9月上旬にはイギリスのロンドンに一時帰国していたため、女王の体調が優れないという連絡を受けてスコットランドへ渡航。

 ヘンリー王子は父チャールズ国王と兄ウィリアム皇太子とは上手くいっていないものの、祖母のエリザベス女王とは、女王が亡くなるまで仲が良かったという。

 しかし、ヘンリー王子とメーガン妃は、英国王室脱退に関する一連の騒動でロイヤルファミリーと確執があり、ヘンリー王子とウィリアム皇太子の兄弟間にも不和があると言われている。そのため、メーガン妃はスコットランドへは行かずにロンドンに留まった。さらに、ヘンリー王子も翌日9日の朝8:30頃にバルモラル城から立ち去るという忙しい行動が確認された。

広告の後にも続きます

 空港では職員と話す姿が目撃されたヘンリー王子。

 ヘンリー王子が1人でイギリスとスコットランドを行き来し、早朝に城を去ったことは、王子たちとロイヤルファミリーの確執がまだ深いことを物語っていると、ロイヤルファミリーに詳しいケイティ・ニコールは米ETに話す。 一方で彼女は、「これ(女王の死去)が2人の兄弟が少しでも和解するきっかけになる希望はあると思います。この18カ月、兄弟は戦争状態でしたから」と話した。

 事実、10日にはウィリアム皇太子&キャサリン妃夫妻と、ヘンリー王子&メーガン妃夫妻がロンドン郊外のウィンザー城に集まった国民の前に揃って姿を現した。これは、皇太子がヘンリー王子に連絡をして実現したと報じられている。4人がそろって姿を見せたのは2年以上ぶり。

 ちなみに祖母の死に心を痛めているヘンリー王子は、ウィンザー城について、「祖母がいないので寂しい場所となっています。すべての部屋に祖母はいました。至る所で祖母の存在を感じます」と、城の前に集まった国民に話す様子が目撃された。

チャールズ新国王、スピーチでヘンリー王子夫妻に言及

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル