top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

エリザベス女王の名言集【追悼特集】

フロントロウ

×

70年近くもイギリス女王として国民に愛されたエリザベス2世。96歳で亡くなった女王が世界中で追悼されるなか、イギリスに人生を捧げたエリザベス女王の国民への思いや、じつはユーモアたっぷりな性格が垣間見られる名言を紹介。(フロントロウ編集部)

「この世界は決して住みやすい場所ではありません。ご両親はいつかあなたのもとを去り、あなたを無条件に守ろうとしてくれる人は誰もいなくなるでしょう。だからこそ、あなたは自分の信念や自分自身のために闘えるようにならなくてはいけないのです。そして時には、下品な言葉でごめんなさいね、ガツンとやってやらなくてはいけません」


「行動と熟考。そのあいだで上手くバランスを取らなくてはいけません」


広告の後にも続きます

「昔の君主は兵士を率いて戦場に赴き、君主によるリーダーシップはつねに親密なものでした。しかし現代はすっかり様子が変わっています。私が国民の皆さんを戦場に率いることはないですし、法を制定したり、裁きを与えたりすることもありません。しかしそんな私にもできることがあります。それは、この古い島々と英連邦に暮らす人々に私の心と愛を捧げることです」


「人々に信じてもらう存在になるためには、人々の目に触れる存在にならなくては」

エリザベス女王が原色を着ることが多かったのは、小柄な女王でも目立って「人の目に触れる」ためのアイディアだった。

(公式行事中にある携帯電話が鳴った女性に向って)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル