top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【#佐藤優のシン世界地図探索54】中国公務員試験の倍率高騰は、日本の私大生にチャンスを与える!?

週プレNEWS


公務員試験に殺到する中国の若者。その悲鳴は、日本の私大生には歓声に聞こえる謎を探る
ウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。この連載ではその世界地図を、作家で元外務省主任分析官、同志社大学客員教授の佐藤優氏が、オシント(OSINT Open Source INTelligence:オープンソースインテリジェンス、公開されている情報)を駆使して探索していく!

*  *  *

中国の若者の就職難はすさまじく、公務員試験の倍率が3000倍になり、若者たちは悲鳴を上げているという。しかし、これは日本の私立大学生には朗報であり、歓声を上げるべきだと佐藤優氏は言う。

――中国の若者の就職難が凄まじく、何と公務員試験の倍率が3000倍です。

佐藤 中国の公務員のスペックは、『北京女子図鑑』というドラマに出てきていますよね。

広告の後にも続きます

――あの主人公が自動車学校で出会った税務署に勤めている男の物語ですか?

佐藤 そうです。しょぼくれた男ですが戸籍は北京。主人公の女性は「これで北京に家が買える」と舞い上がっていました。あれを見ると、この連載でも言及した同じシリーズの『東京女子図鑑』は温(ぬる)いですよね。

――もうヌルヌルです。あの税務署男は家に仲間を呼んで、連日の徹夜麻雀やカードゲームで博打をしていました。女主人公にも「飯作れ」「酒を入れろ」とまぁすごかったです。それでいて、一向に税務署はクビにならない。

佐藤 あれが中国の公務員の魅力です。

――3000倍の倍率を勝ち抜けば、あとはずっと何してもクビにならず一生、食っていける。

佐藤 そういうことです。韓国でも公務員が人気の職業です。韓国は行き過ぎた資本主義の結果、そうなったので、近く日本もそうなります。だから、今が日本の私大生にはチャンスなんですよ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル