top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

アスリートも絶賛! 競技力を伸ばす「視る力」の鍛え方

パラサポWEB

うまくボールをキャッチできない、一生懸命練習をしているのに伸び悩んでいる……スポーツに励む我が子がこんな悩みを抱えていたら、その原因はもしかすると「視る力」にあるかもしれない。「競技力」と「視る力」の関係性に注目し、今までにない新しいスポーツクリニックプログラム【V-Training】×Sports Clinicを提供しているECHO株式会社の西村祐介さんと、プログラムの開発に関わった株式会社東京メガネSV事業の山田敬生さんにお話を伺った。

「視力」と「視る力」は違う

ビジョントレーニングはもともとアメリカ空軍のパイロット訓練用に開発されたトレーニングとされ、1930年代にスポーツと視覚に関する研究がアメリカで行われたことに始まる。

視るチカラを高め視覚と身体機能の結びつきを最大限に発揮させることで、運動能力の向上をはかり、最高のパフォーマンスを発揮、競技成績に繋がる成果があり、スポーツ界でも取り組まれるようになった。

「指導者が選手や子どもたちに『ボールが見えているか?』と聞いたときに『見えている』と答えたとしても、それは視力の話で、全員の見え方が同じとは限りません。たとえば、最近の学校の視力検査はABCD評価になっていて、視力が1.0以上だとA評価がつくので、本人も保護者も安心してしまいます。しかし、たとえば右目が1.0、左目が1.5でA評価がついた場合でも、左右差が大きいので、距離感がうまくつかめずボールを上手にキャッチできないといったことが起こりえます」(山田さん 以下同)

つまり「視力」は単純に「どれくらい見えているか」ということだが、「視る力」はものを目で捉える力や、捉えたものを正しく脳に伝えて認識し、体を自分のイメージ通りに動かしたりする力のこと。発達に課題のある子どもは、「視る力」が弱いことが多く、山田さんもビジョントレーニングをすることによって発達の課題が改善された子どもたちを目の当たりにしたという。では、ビジョントレーニングがなぜ競技力をあげることにも有効なのだろうか。

広告の後にも続きます

「アスリートは目からの情報、たとえば敵味方の位置、空間の広さ、ボールと自分の位置関係といったたくさんの情報を瞬間的に得て、それを脳で処理して初めて体を動かすことができます。ですから視力だけでなく視る力が重要になってくるからです」

単に一定以上の視力があればいいのではなく、どう見えているのか、そして見えたものにどう反応するのかといった「視る力」が、アスリートには欠かせないのだ。また競技によって、必要となる「視る力」は異なるそうだ。

「たとえばラグビーの元日本代表、大西将太郎さんはビジョントレーニングを受けて、ラグビーで重要な空間認識力をアップできるので非常にいいとおっしゃっていました」(西村さん)

今までにないスポーツクリニックプログラム

【V-Training】×Sports Clinicで指導してくれる錚々たるコーチ陣

【V-Training】×Sports Clinicを提供しているECHO株式会社は、アスリートを専門とするキャスティングサービスの会社。オリンピックのメダリストや、テニスや野球、サッカーなど現役から元プロ選手まで、トップアスリートたちの力を活用したさまざまな事業も行っている。その人的資源と、一般社団法人日本スポーツビジョン協会が監修した「視る力」を鍛えるトレーニングシステム機材【V-Training】を活用したのが【V-Training】×Sports Clinicだ。つまりトップアスリートの指導と医学的エビデンスを活用した、今までにない新しいスポーツクリニックプログラムというわけだ。

プログラムでは、元プロスポーツ選手や、オリンピックなどの世界大会で活躍したアスリートと、ビジョントレーニング講師によるトークセッションやビジョントレーニングの体験。さらにアスリートがビジョントレーニングを体験した経験から考案した、実際に視る力をアップするカリキュラムをアスリートが直接指導を行い、交流ではトレーニングのコツなどを質問することもできる。

「講師を務めるアスリートたちには事前に必ずビジョントレーニングを受けてもらっています。体験したアスリートの皆さんからは『スポーツをやる人たちはやるべきだ』とか『自分も現役の時にやっておきたかった』という感想をいただいています」(西村さん)

アスリートに必要な6つの「視る力」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル