top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

パリパラリンピック代表選考会が終了。日本パラ水泳の新たな顔になるのは?

パラサポWEB

パラ水泳のパリ2024パラリンピック日本代表選手選考会を兼ねた春季チャレンジレースが3月9日と10日、静岡県富士水泳場で行われた。

8月に開幕するパリパラリンピック水泳日本代表の枠は「男子12・女子10」。昨年の世界選手権で優勝して代表権を手にした山口尚秀のほか、東京2020パラリンピック金メダルの木村敬一鈴木孝幸ら6人が派遣基準記録Aを突破して即時内定を決めた(編集注:派遣基準記録Bをクリアした選手は、Aに対する到達率の高い選手からランク付けされ、その順位の高いほうから選出される)。

「パラリンピックでは選手村が楽しみ」と語る初出場の木下

金メダルが手に届く位置にいる初出場の木下あいら、自己ベストを更新して内定を射止めた宇津木美都石浦智美南井瑛翔、川渕大耀(*)らの勝負強さも光った。

*参加条件を満たしたうえで正式に決定

パリでパラ水泳日本代表「トビウオパラジャパン」の新たな顔になるのはだれか。今回は、東京パラリンピックに続き2度目のパラリンピックでメダルを狙う2人の活躍を追う。

2大会目のパラリンピックで目指す場所

広告の後にも続きます

男子100m背泳ぎ(S8)一本に種目を絞る窪田幸太は、派遣基準記録Aを突破し、60人を超える所属企業の応援団に右手を挙げて応えた。

今回の代表内定一号となった窪田

タイムは1分07秒41。昨年、同レースでマークした1分05秒56の日本記録には届かず、「1分6秒台が出ればいいなと思っていたので少し悔しい」と胸の内を明かすも、第一の目標としていた派遣基準記録Aは突破し、「ほっとしています」と笑顔で話した。

水中でキックするバサロが武器。今年1月から後半の持久力強化に集中して取り組み、「後半は足が持ったけど、前半のタイムがあまり出ていなかった」と悔しそうに話す。

ほっとした表情で取材に応じる窪田

昨年の世界選手権ではトップで折り返したものの、ゴール直前でスペイン選手に差されて銀メダル。今年1月の取材では「その悔しさを晴らしたいし、パリはメダルを獲れるかどうかではなく、金メダルを獲れるかどうかだと思っている。しっかりと金メダルを狙っていきたい」と話していた。

自己ベストをさらに更新し、本番では1分04秒台を狙う。

「今のタイムでは、メダル争いに入るのも難しくなってくるかなと思う。8月までにタイムを上げてメダル争いにしっかり食い込んでいければと思っています」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル