top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

走らなくてもいい陸上の授業?プロ実践「陸上を面白くする」指導法とは

パラサポWEB

2023年、野球ではWBC、ラグビーやバスケットボールでもワールドカップが行われ、いずれも日本チーム、日本人選手が大活躍。日本中が大いに盛り上がった。そんな中、陸上競技を同じように盛り上げたいと、オリンピック出場選手を指導したこともあるひとりの男性が、東京から対馬に移住して子どもたちに陸上の魅力を教えている。なぜ対馬なのか? その思いと意外な指導方法を伺った。

「スポーツを楽しむということがわからなかった」

2023年9月に開催されたイベント「陸上競技で遊ぼう!」

長崎県の対馬市は人口約2万8000人の離島。その対馬に東京から移住して、県立対馬高校陸上部のコーチをしているのが、林田章紀さんだ。

林田さんは大学時代に十種競技の選手として4年連続で日本選手権に出場。卒業後も実業団チームで指導にあたり、2016年のリオデジャネイロオリンピック出場選手の指導をするなど第一線で活躍してきた。そんな林田さんは、対馬でもさぞかし専門的なことを教えているのかと思いきや、実はそうではないそうだ。たとえば2023年の9月に行われたイベント「陸上競技で遊ぼう!」のテーマは「走らんでも楽しい陸上」。陸上競技なのに走らないとは、どういうことなのだろうか? そう尋ねると林田さんは「スポーツが楽しいと思ったことありますか?」と反対に質問を返してきた。

「よくスポーツを楽しむと言いますが、僕にはその感覚がよく分からなかったんです。僕がやってきたスポーツは一番になることを目指してやるもの、競技志向が強かったので、なかなか自分の中で楽しむという言葉とスポーツがリンクしなかったんです」(林田さん、以下同)

足りないのは「陸上を面白がる」人材

県立対馬高校陸上部コーチの林田章紀さん

現役選手を引退し、実業団で指導者になってからも「スポーツが楽しいという人は、どこかチャラチャラしているように見えた」という。しかしある時、林田さんは日本の陸上競技はオリンピックや世界大会以外の普段の競技大会では観客も少なく、盛り上がりに欠けているということに気づいた。プロスポーツは観客が多く盛り上がっているのになぜ? プロスポーツとアマチュアスポーツの違いはどこにあるのか? その違いを知るために、林田さんは、国内外の数多くのスポーツの大会を見に行ったり、ボランティアとして参加した。

広告の後にも続きます

「スポーツ大会だけじゃなくてエンタメ系のイベントの仕事の手伝いもやりながら、いろんなスポーツを見ていくうちに、陸上界には陸上をもっと面白がる人材が不足していると気付いたんです。2021年の終わり頃から『オトナのタイムトライアル(OTT)』という団体のイベントに毎月のようにボランティアで参加していました。そこではタイムを出すことよりもイベントを楽しくするということが重視されていて、毎回テーマを変えて参加者が楽しめるような場を作っていました。そこで僕は受付や選手の誘導など、いろんなボランティアを体験して、こういうふうにすれば陸上の大会でも、参加する人だけでなく、参加しないけれどその場にいる人も楽しめるんだというのが分かってきたんです」

陸上で対馬の人口減少に歯止めを

いろんなスポーツ大会やイベントで培った経験を活かし、陸上を盛り上げたい。そんな風に考えるようになった矢先、高校時代の先輩が住んでいた対馬を訪れ、そこで対馬市が人口減少対策の一環として「スポーツ指導者招聘事業」があることを知った。林田さんは「僕でもできますか?」と迷わず手をあげ、2023年4月、同事業の第一号指導者として対馬に移り住むことになったのだ。

「スポーツ指導者招聘事業」は対馬の人口減少問題対策の一環だった。人口減少の原因のひとつは進学。なんと島の中学生の3人に1人が島外の高校に進学してしまうという。その中でもスポーツをやる子どもの場合、指導者や環境が整った本土の高校を選択することから、島内の高校でスポーツを続けたいと思ってもらえるような環境作りをしようというわけだ。

「走る=辛い」陸上はネガティブなイメージを持ちやすい?

しかし、日本では校則違反をすると校庭10周などと走ることが罰とされたり、学校のマラソン大会などで強制的に走らされ苦しい思いをするなど、走ることにネガティブな感情を持っている子どもが少なくない。

「僕自身が子どもの頃は、記録を伸ばすことを追求していたので苦になりませんでしたが、普通は走ることは辛い、苦しいというイメージがあります。まして陸上は学校体育の延長にありますが、少子化が進む今の日本で競技人口を増やすのも限界があります」

また、林田さんが対馬にきて最初に開催した非公認の記録会『対馬のタイムトライアル』で、参加した小学生は「タイムを人に評価されるのが嫌だ」「早く走れないと怒られるから怖い」と、タイムトライアルという言葉自体にもネガティブなイメージを持っていたと言っていたそうだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル