top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『ワイスピ』撮影中に性的暴行か、ヴィン・ディーゼルが訴えられる

フロントロウ

俳優のヴィン・ディーゼルが、映画『ワイルド・スピード MEGA MAX』の撮影中に、アシスタントに性的暴行を働いたとして訴えられた。

ヴィン・ディーゼルが性的暴行で訴えられる

 2001年に第1作目が公開されて以来、20年近くにわたって人気を拡大してきた映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2023年にはシリーズ10作目となる『ワイルド・スピード/ファイヤーブースト』が公開され、世界的な成功を収めたほか、女性キャラクターを主軸に迎えたスピンオフの計画も進行している。

 そんな『ワイスピ』で主人公“ドム”ことドミニク・トレットを演じ、プロデューサーとしても名を連ねているヴィン・ディーゼルが、性的暴行で訴えられた。

 今回ヴィンから性的暴行を受けたと告発しているのは、ヴィンの制作会社であるOne RaceFilmsのアシスタントとして働いていたアスタ・ジョナソン。

広告の後にも続きます

 彼女はシリーズ5作目の『ワイルド・スピード MEGA MAX』の撮影中に、ヴィンがアトランタのセントレジスホテルのスイートルームで複数の女性と遊んでいた後に性的暴行を受けたと訴えている。

 TMZが入手した裁判資料によると、アスタはパパラッチを避けてヴィンをホテルから連れ出すという任務を与えられていたが、その際、ヴィンが無理矢理アスタのことを掴み、胸を触ってキスをしたという。それだけでなく、無理矢理ドレスをたくしあげ下着を下ろされそうになったほか、ヴィンの男性器を触らせられたと主張。その後ヴィンはアスタによりかかりながら自慰行為をしたという。

 彼女は一連の行為が終わるまで目を閉じていたそうで、全てが終わるとヴィンは「アスタについて何か言える者はもういない」と言い部屋を出て行ったそう。

事件後、ヴィンの妹から解雇の電話が

  その数時間後、ヴィンの妹でOne Race Filmsの社長であるサマンサ・ディーゼルから電話をもらったアスタは解雇を伝えられた。アスタは、彼女がヴィンの行為に抵抗したから解雇されたと考えている。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル