top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

イケメン俳優2人の「複雑な関係」が明らかに、仲が悪かったわけじゃないけど…

フロントロウ

映画『トワイライト』シリーズにジェイコブ役で出演していたテイラー・ロートナーが、エドワード役のロバート・パティンソンとの関係について語った。(フロントロウ編集部)

テイラー・ロートナーがロバート・パティンソンとの仲を明かす

 映画『トワイライト』シリーズにジェイコブ役で出演していたテイラー・ロートナーが、当時、エドワード役のロバート・パティンソンと“複雑な関係”にあったことをポッドキャスト『Call Her Daddy(原題)』で明かした。

 劇中でジェイコブとエドワードはクリステン・スチュワート演じるベラをめぐって三角関係にあったことから、“ジェイコブ派”と“エドワード派”に分かれるファンも多かった。

 テイラーによると、物語の中のライバル関係が実際の2人の関係にも大きな影響を及ぼしていたそうで、「大変だったように思います。ロバートがどうだったかはわかりませんが、少なくとも僕は間違いなく苦労しました。とくにあの頃の僕は年齢もあって、傷つきべきではないことで傷ついたりもしました。そうしないのは(※傷つかないようにするのは)難しいこともあります」と言うと、「ロブ(※ロバートの愛称)と僕はまったく違うタイプの人間ですが、つねにそれに対処することができました」としたうえで、こう続けた。

広告の後にも続きます

 「僕たちは深いレベルでつながったことはありません。僕たちは違う人間でしたから。でも、彼はいつもすばらしくて、最高に優しい人でした」

 ちなみに、“ジェイコブ派”と“エドワード派”の対立とその影響についてテイラーが話すのは今回が初めてではなく、「僕たちはひとつのチームです。僕たちは2人とも最高の映画を作ろうとしているだけです。だから、周囲が対立を煽ろうとするのは奇妙でした」、「僕とロブのあいだに競争心はありませんでしたが、つねに周りからそう言われていたので、間違いなく影響がありました」と今年2月にポッドキャスト『The Toast(原題)』に語っている。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル