top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『ハリポタ』ハーマイオニー役のエマ・ワトソンは今何してる?2019年から映画出演なし

フロントロウ

映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役でおなじみのエマ・ワトソンが、俳優としての活動を休止するという決断に満足していることを明かした。(フロントロウ編集部)

エマ・ワトソンが俳優業の休止について語る

 映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役や実写版『美女と野獣』のベル役で知られるエマ・ワトソンが、俳優業の休止について英Vogueのインタビューで語った。

 エマは、雑誌などのインタビューに応じたり、セレブが集まるイベントに出席したり、芸能活動をまったく行なっていないわけではないが、2019年公開(※日本は2020年公開)の映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』を最後に俳優業から遠ざかっている。休みに入ってからは、プラダ(PRADA)のコマーシャルで監督を務めたり、オックスフォード大学でクリエイティブ・ライティングを学び、演劇の脚本を書いたりしている。

 「私は非常に目まぐるしく変化する仕事をしているので、こういったことをする時間を取るという決断は、とても大きな決断のように感じました。(学校に)戻って脚本を書き、勉強し、カメラの後ろにまわるという選択は、それまでやったことがなかったから、私にとっては恐ろしいことでした。私はいつもカメラの前にいましたから。私はずっと俳優だったんです」

広告の後にも続きます

 ただ、休むことへの恐怖や不安はあったものの、その決断を下したことには満足しているそうで、「(俳優業から離れて)本当に良かったと思っています。なぜなら、自分の声と創造的な空間、そして主権があるという感覚を、以前にはなかったような形で持つことができたからです」と言うと、「しばらくのあいだ、物事が散らかっていることや、次に何が起こるかわからない状況を自分に許して本当によかったと思っています。ここまで来てわかりましたが、それは何にも代えられません」と続けた。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル