top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

幻に終わったアン・ハサウェイ版『バービー』、実現しなくて「ラッキー」と本人がぶっちゃけ

フロントロウ

アン・ハサウェイがバービーを演じる未来もあった!? アン主演の映画『バービー』は幻に終わってしまったが、本人はそれでよかったと思っているそう。(フロントロウ編集部)

アン・ハサウェイが『バービー』について語る

 アン・ハサウェイが、マーゴット・ロビー主演で映画化され、今年、全世界で大ヒットを記録した映画『バービー』についてポッドキャスト『Happy Sad Confused(原題)』で語った。

 最初にバービー役にキャスティングされたのはコメディ俳優のエイミー・シューマーだったが、作品の内容をめぐる意見の食い違いから、エイミーが降板。代わりにアンがバービー役に抜擢された。その後、ソニー・ピクチャーズからワーナー・ブラザースに映画化権が譲渡され、マーゴットが主演とプロデューサーを務めることとなった。

アン・ハサウェイ(左)とマーゴット・ロビー(右)。

 アン版の『バービー』は幻に終わったわけだが、アンはそれでよかったと思っているそうで、「マーゴットは本当に素晴らしいと思います。クリエイティブな人間、プロデューサーとして彼女がやっていることはとてもエキサイティングで刺激的です」、「映画ファンとして、そして子どもの頃からハリウッドにいるひとりの女性として、私はこの展開にワクワクしています。もし自分が関わっていたバージョンでそれができたと信じていたら、違う感情を抱いたかもしれませんが、私は純粋に、彼女たちの作品は可能な限り最高のバージョンだったと思います」とマーゴット版の『バービー』を大絶賛。

広告の後にも続きます

 続けて、「そのバージョン(※自分が主演するはずだったバージョン)を想像してみてください。あれほどのエネルギーやあれほどの期待、あれほどの感情があったとしても、それは正しいバージョンではありません。実際のところ、(自分のバージョンは映画化されなくて)ラッキーだったと思います」と、自分が主演を務める予定だった『バービー』では、マーゴットたちと同じことを成し遂げるのは難しかったと思っていることを明かした。

 

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル