top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

国内初登場1位『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』海外でも高評価【レビューまとめ】

フロントロウ

日本を含む世界32の国と地域で初登場1位スタートとなった映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』。世界の映画批評家からは、『パディントン』監督による温かくユーモラスな展開や、ティモシー・シャラメやヒュー・グラントらキャストの演技に絶賛の声があがっている。

『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』日本の週末ランキング1位

 『ハリー・ポッター』シリーズのプロデューサーが超豪華キャスト&スタッフを迎えてウィリー・ウォンカの夢のはじまりを贈る、歌と魔法と感動のファンタジー超大作『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』。

 日本では12月8日(金)に公開を迎え、週末の興行収入は3日間で4.1億を突破。これまで2週連続第1位だった『翔んで埼玉-琵琶湖より愛を込めて-』を超え、動員・興行収入共に堂々の初登場第1位を記録!

 また本作は、ティモシー・シャラメ主演映画としても動員・興行収入共に最高のオープニング成績に。劇場には、20代~30代の女性を中心にファミリー層など老若男女が訪れ、国内最大級の映画レビューサービスFilmarks(フィルマークス)での12月公開映画の期待度ランキング1位の前評判通り、12月2週目の初日満足度ランキングでも1位を収めるなど、観客からは絶賛の嵐となっている。

広告の後にも続きます

 そして海外では、32の国と地域でオープニング第1位スタートに。なかでも初登場1位を記録したイギリスではオープニング収益が1,100万ドル(159億円)を超え、歴代のオープニング成績18位にランクイン。そんなイギリスを中心に、海外では映画批評家からも大絶賛の声が届いている。 

海外の映画批評家のレビューまとめ

今年一番映画館で楽しめる映画
Robbie Collin (Telegraph)

『ウォンカ』は、昔ながらの映画マジック。ウィットに富み、温かみがあり、過去の名作が持つ愛すべき記憶を呼び起こすのです。ここには『メリー・ポピンズ』がたっぷり、『マチルダ』と『オリバー!』が少々、そして思いがけず『レ・ミゼラブル』も少し入っています。
Clarisse Loughrey(Independent

シャラメ演じるウォンカは、信じられないほど楽しく、カリスマ性がある。
Jake Hamilton(Good Day Chicago

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル