top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

大谷翔平に密にラブコールを送っていたセレブがいた

フロントロウ

大谷翔平のロサンゼルス・ドジャースへの移籍が決定したが、その裏で、密に地元球団に来て欲しいとラブコールを送っていたセレブがいた。(フロントロウ編集部)

ドレイクが大谷のユニフォームを着用してラブコール

 2017年のオフにポスティングシステムを使ってメジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍し、投打の二刀流などが評価され2度もMVPを受賞した大谷翔平は、今オフにどの球団に移籍するのか多くの人が注目していた。

 最終的な候補として挙がったのは、エンゼルス、トロント・ブルージェイズ、ロサンゼルス・ドジャースの3球団で、その中から大谷はドジャースを選び、10年総額7億ドル(約1,015億円)という前代未聞の金額で契約を締結。

 そんななか、密かに大谷へラブコールを送っていたセレブがいた。

広告の後にも続きます

 それは、トロント出身のラッパーであり大のスポーツファンとしても知られるドレイク。ドレイクは地元チームであるブルージェイズが最終候補に残るなか、ユニフォームを着用した姿を自身のインスタグラムにアップ。ブルージェイズへ入団して欲しいというラブコールを間接的に送っていた。

 大谷の移籍はトップセレブも大注目していたわけだが、最終的にドジャースに決定したことには、NBAロサンゼルス・レイカーズのレジェンドであるマジック・ジョンソンもX(旧ツイッター)で反応。

 ドジャースを買収したグッゲンハイム・ベースボール・マネジメントに名を連ねるマジック・ジョンソンは、「ドジャー・ブルーを着ることを決断してくれたショウヘイに心から感謝します!世界中のドジャースファンが、あなたがドジャースへの入団を決めてくれたことを非常に喜んでおり、興奮しています!私たちはあなたをドジャーネーションに歓迎します!」と、大谷獲得を喜んだ。

 一方で、ラブコールもむなしく大谷をドジャースに取られたドレイクは今頃悔しがっているのだろう。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル