top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

来日中『美女と野獣』ガストン役、日本の楽しみ方がギャルすぎた

フロントロウ

俳優のルーク・エヴァンスが来日。早速ルークは原宿を訪れ、日本を楽しんだ。(フロントロウ編集部)

ルーク・エヴァンスが恋人と共に来日

 12月5日に東京で開催された、世界最大級のチャリティ財団The Global Gift Foundationが主催するチャリティイベント「Global Gift Gala in Tokyo2022」に、映画『戦場のピアニスト』でアカデミー賞・主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディや『レオン』でお馴染みのジャン・レノ、そして実写版『美女と野獣』でガストンを演じたルーク・エヴァンスが参加し、ルークはイベントの数日前から来日していたため、早速原宿へ。

 原宿を訪れたルークは、女子中高生に人気が高い原宿のTotti CandyFactoryを訪問。ここは巨大なレインボーわたあめが有名で、ルークも早速注文。ルークの顔より大きなわたあめに思わず笑みがこぼれ、口を開けてわたあめを食べるポーズで記念撮影した。

 原宿にはハリネズミカフェやふくろうカフェなど、動物と触れ合うことができるカフェが多いなか、ルークはカワウソカフェをチョイス。名前の通りカワウソたちと触れ合うことができるカフェとなっているこのカフェで、ルークはカワウソたちになつかれまくり。何匹ものカワウソがルークの元へ駆け寄り、なかには頭の上に乗るというツワモノも。

広告の後にも続きます

この投稿をInstagramで見る

Luke Evans(@thereallukeevans)がシェアした投稿

 原宿でわたあめを買ったりカワウソと遊んだりとギャルのようなな遊び方をしたルークは、ほかにも明治神宮を訪れたり、ラーメンや寿司を食べたりと日本を大満喫していた。

 ちなみにルークは今回の来日に、恋人のフラン・トーマスも同伴させており、2人で日本を楽しんでいる。(フロントロウ編集部)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル