top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

話題の常温長期保存可能おにぎりの実力は?非常食にもおすすめ!

防災ニッポン

近ごろ「常温で数か月の長期保管が可能なおにぎり」が続々と発売されて話題になっています。災害用の備蓄としての使い勝手や、味や栄養はどうでしょうか?非常食として定番のアルファ米のおにぎりと比較しながらリポートします。

こちらの記事もおすすめ!→野菜ジュースで作るごはんのレシピ3選!上手に野菜不足補えます

常温で数か月保存可能なおにぎりとは?

既製品のおにぎりと言えば、コンビニなどで販売されている賞味期限が1日程度しかないものが定番でした。しかし近ごろ、常温で数か月保存できるおにぎりが相次いで発売されているんです。
アルファ米のように水で戻したり、レトルトのパックご飯のように電子レンジで加熱したりといった手順は必ずしも必要ではなく、封を開けるだけでもパクっと食べられるのが特徴です。また、これまではあまりなかった「栄養バランス」に気を配った点もポイント。
2つのメーカーが発売している常温で長期保管できるおにぎりを紹介します。

お肉のリアルな味がおいしい!タンパク質たっぷりの「イシイの佰にぎり」

イシイのハンバーグなどでおなじみの石井食品と、一日100食限定のステーキ丼で話題の「佰食屋(ひゃくしょくや)」のコラボレーションで生まれた四角いおにぎりです。
こちらは製造から100日間常温で保存が可能です。味はカレー味、炒飯(ちゃーはん)味、ステーキ丼味の3種類。1つ110gです。今回は石井食品のオンラインショップから3種類の味が2個ずつ入ったセットを1600円(税込み)で購入しました。
電子レンジや湯煎などで温めたほうがおいしく食べられますが、それができない非常時などには加熱調理せずに食べてもOKです。

加熱調理せずに食べると、お米の食感は少しポロポロとして固い感じはありますが、電気やガスが使えない状況では十分においしく食べられそう。加熱調理すると、お米がふっくらしてよりおいしく食べられます。

広告の後にも続きます

食べてみて驚いたのはどの味のおにぎりも、ひき肉状のお肉がしっかり入っていること。しっかりした味付けでとても満足感がありました。ただ、どの味もスパイシーなので小さい子どもには少し食べにくいかもしれません。

そして、こちらはおにぎり1つ(110g)につきタンパク質が10g以上含まれているのも特徴です。栄養バランスが崩れがちな非常時には嬉しいですよね。

使い勝手のいいパッケージのマルハニチロ「魚むすび」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル