top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「万能にんにく味噌」の作り方│瓶で仕込む発酵保存食レシピ【秋分編】

haccola

2022年9月23日~10月7日、二十四節気の「秋分(しゅうぶん)」にあたります。二十四節気(にじゅうしせっき)とは古代中国から伝わったもので、春夏秋冬をさらに約15日間ずつ分けた暦です。

前回の節気である「白露(はくろ)」では、本格的な秋を迎え、食材や外の香り、雲の形からも秋を感じられる季節となりました。今回ご紹介する「秋分(しゅうぶん)」はどのような季節を迎えるのでしょうか?

この記事では、今の時期に旬を迎える野菜を使った発酵保存食の作り方・レシピとともに、秋分についてご紹介します。

今回は、旬を迎えたにんにくを使って手軽に仕込める万能にんにく味噌ご紹介します。またそのアレンジレシピ「野菜たっぷり韓国風スープ」をご紹介します。

季節の発酵保存食シリーズ【秋分】にんにく味噌とは?

季節の発酵保存食シリーズ【秋分】にんにく味噌とは?

生のにんにくと味噌とみりんでつくる、半年以上保存可能な健康万能みそです。長期熟成発酵させることでにんにくの辛さがなくなり、生のままでも美味しくいただけます。もちろん火を通す料理に使えますが、生のまま食べると加熱することで失われる栄養素を摂取できます。

「万能にんにく味噌」の作り方・レシピ

材料(作りやすい量)

広告の後にも続きます

・みそ 200g~
・にんにく 5~6片
・みりん 大さじ3

作り方

1、にんにくをみじん切りにしたものを生の状態で、みりんとみそと合わせてできあがりです。今回は混ぜやすいように、小さなボウルに皮を剥いたにんにくとみりんを入れ、ハンドブレンダーにかけました。

にんにくのみじん切りを生の状態で、みりんとみそと合わせて

2、よく混ぜる

よく混ぜる

3、煮沸消毒かアルコール消毒をした瓶に詰めて完成

煮沸消毒かアルコール消毒をした瓶に詰めて完成


仕込んでその日から食べることができますが、1週間ほど冷蔵保存で発酵熟成を進めると辛さが和らいできます。冷蔵保存で半年以上保存できます。使用するときは焦げやすいので、中火で様子を見ながら火を通しましょう。

食べ方アレンジ

・少量の水で溶いて、野菜いためなどに
・ごはんにのせたり、おにぎりの具などに
・はんぺんやお揚げに塗って、グリルで焼いてお酒のおつまみに
・スティック野菜などにつけて
・スープに加えて韓国風に
・カレーに入れて隠し味に
さまざまな料理に合います。ぜひご自身の食べ方で楽しんでください!

アレンジレシピ「野菜たっぷり韓国風スープ」の作り方・レシピ

「野菜たっぷり韓国風スープ」の作り方・レシピ

材料(2人分)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル