top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

エミー賞授賞式で受賞者の足元に「寝転がる男性」、一部で炎上

フロントロウ

×

エミー賞授賞式でコメディ部門の脚本賞を受賞したクインタ・ブランソンのスピーチ中に、ふざけてステージの床に寝転がり続けたジミー・キンメルに一部のファンから批判の声があがっている。(フロントロウ編集部)

エミー賞授賞式の演出、受賞者が輝く瞬間を“盗んだ”と批判

 現地時間9月12日、ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで開催された第74回エミー賞授賞式で、プレゼンターとして登場した俳優のウィル・アーネットが、“酔っ払って気絶した”という設定のジミー・キンメルをステージに引きずり出すひと幕があった。

 ご存じの方も多いと思うが、ジミーは人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live!(原題)』の司会者として知られ、過去にアカデミー賞授賞式の司会を務めたこともある。

広告の後にも続きます

 ウィルが受賞者を発表するあいだも身動きひとつせず、気絶したふりを続けるジミー。そのシュールすぎる光景に観客から笑いが。

 しかし、ドラマ『アボット・エレメンタリー』でコメディ部門の脚本賞を受賞したクインタ・ブランソンがステージに上がったあとも、ジミーがそこから動く気配はなく、結局、クインタがスピーチを終えるまでずっと床に転がったままだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル