top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「死にたい」と思ったことがあるセレブがあなたに伝えたいこと

フロントロウ

×

自殺を考えたことがあるセレブからあなたへのメッセージ。(フロントロウ編集部)

ジャスティン・ビーバー

 10代前半でデビューして以来、音楽業界のトップを走り続けるシンガーのジャスティン・ビーバーが、順風満帆な音楽人生を送る一方で、若くして地位と名声を手にしたがために精神面で不調をきたしたり、薬物中毒に陥ったり、その結果として素行の悪さが目立つようになって世間から批判されたり、約2年間にわたる“暗黒時代”を過ごしていたのはファンのあいだでは有名な話。

 精神的な痛みや苦しみに耐えられず、“感じないほうがマシ=死んだほうがマシ”という考えに走ってしまったこともあるというジャスティンは、ある日、「もうこんな自分ではいたくない」と思い、セラピーに通うなど必要な助けを得ることを決意した。

 「今現在ツラい思いをしている人たちに、『もし孤独を感じてるなら、誰かにそのことを話して。声を上げるんだ』と言って励ましてあげたい。人に話すことで解放されることもある。僕もそうしていれば、あんなにたくさんの痛みを感じずにすんだ」

広告の後にも続きます

 「みんながみんな、朝起きてベッドから出るのがツラいわけではない。でも、少なくとも僕にはそれがとてもツラいことだった。そして、世の中には僕と同じような状況に置かれた人たちがたくさんいると思う。その人たちに『君は1人ぼっちで苦しんでいるわけじゃない』と言ってあげたい。人生は生きる価値がある。ここであきらめずに生きようと思っているなら、前に進むしかない」

 家族でも、友人でも、先生でも、相談電話の相手でも、カウンセラーでもいい。とにかく「誰かに話すことが大事」と話すジャスティンは、セラピーのほかに、運動をしたり、瞑想をしたり、好きな音楽を聞いたりしてメンタルヘルスのケアを行なっているそうで、「音楽にはパワーがある。落ち込んでいる時は本当に助けになる」としている。

ビリー・アイリッシュ

 音楽界で最も権威ある賞と言われるグラミー賞で「年間最優秀レコード賞」を2年連続で受賞するなど、10代の頃から目覚ましい活躍を続けるシンガーのビリー・アイリッシュは、16歳だった2018年に深刻なうつの症状に悩み、自殺願望を抱くほど追い詰められていた。

 ビリーいわく、突然の名声や、劇的に変わってしまった周囲の環境などによるプレッシャーや孤立感に押し潰されそうになり、自ら命を絶とうという思考にまで陥ってしまったそうで、「私は去年(2018年)すごく不幸せだった」、「正直言って、自分は17歳まで生きて到達できないと思ってた」と、華々しいキャリアの成功の影で鬱々とした日々を過ごしていたことをのちに明かしている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル