top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ほとんどの人が勘違いしている「スポーツマン」の本当の意味。実は「いい奴」?

パラサポWEB

「我々は、スポーツマンシップに則り、正々堂々と戦うことを誓います!」、運動会や体育祭などで誰もが一度は耳にしたことのあるこのフレーズ。しかし、「スポーツマンシップ」の意味を正しく言える人は決して多くない。何を隠そう筆者も、今回の取材をするまで、間違った認識を持っていた。この言葉に注目し、スポーツを通してよりよき人を育み、よりよき社会づくりをしようとしているのが一般社団法人日本スポーツマンシップ協会。千葉商科大学サービス創造学部准教授であり、この協会の代表理事を務める中村聡宏氏にお話を伺った。

スポーツマンは単にスポーツをする人ではない?

日本スポーツマンシップ協会会長の中村聡宏氏

スポーツマンシップの意味を考える前に、そもそも「スポーツマン」とはなんだろうか? 大抵の人が「スポーツが得意な人」「日常的にスポーツをする人」などと答えるのではないだろうか?

「私の師匠であり、日本でスポーツマンシップの研究・普及活動の第一人者とされた故・広瀬一郎氏から私が譲り受けた1969年版の英英辞書『POCKET OXFORD DICTIONARY』で『sportsman』を引くと、たった一言『good fellow』と書いてあるんです。つまり『いい仲間』『いい奴』という意味ですね。運動に関する意味が全くないんですよ。英語に『He is a good sport.』というフレーズがあるんですが、これは『彼は信頼に足る人物だ』という意味だそうです。英語では、スポーツマンは単に運動をする人とだけ捉えられているわけでないことがわかります」(中村氏)

最近この「スポーツマン」という言葉を「スポーツパーソン」と言い換えようとする動きもあるようだが、それでは言葉が本来持っている意味が失われると中村氏は危惧する。

「ジェンダーの観点からそうすべきという考え方もよくわかります。しかし、スポーツマンを『スポーツ+マン』ととらえるのではなく、『スポーツマン』というワンワードで『good fellow』だとする考え方が重要です。この定義を重く受け止めると、ヒューマン(human)と同じだと思うんです。誰もヒューパーソンとは言いませんよね。それと同じく、スポーツマンはワンワードで『いい奴』なわけです」(中村氏)

スポーツマンに求められる3つの気持ち

広告の後にも続きます

では、スポーツマンが意味する「いい奴」「いい仲間」とは具体的にどういう人物のことだろうか。中村氏の著書『スポーツマンシップバイブル』(東洋館出版社)には次の3つの気持ちを備えている人をスポーツマンと定義すると書かれている。

1:尊重
プレーヤー(相手、仲間)、ルール、審判に対する尊重
2:勇気
リスクを恐れず、自ら責任を持って決断・行動・挑戦する勇気
3:覚悟
勝利をめざし、自ら全力を尽くして最後まで愉しむ覚悟

「この3つは人が生きていく上で応用がきく考え方で、人生を豊かにするために必要なことでもあります。協会ではさらにこうした3つの要素を持ったスポーツマンがGood Gameを創ろうとする心構えを『スポーツマンシップ』と定義しています」(中村氏)

しかも、スポーツはこうしたことを身につけるのにとても適したソフトなのだそうだ。その理由のひとつが結果がすぐに出るという点。勝ち負けや自己記録が伸びたのかそうでなかったかがすぐにわかるので、振り返りができ、改善もしやすい。つまりビジネスシーンで言うPDCAサイクルが短いため、自己分析をするのに最適なのだ。
つまりスポーツマンシップ教育とは、スポーツを通して、スポーツマンシップを理解し実践できる「good fellow」を育て、よりよき社会を作る教育だということになる。

スポーツマンシップの神髄を垣間見た北京オリンピックのあのシーン

北京2022オリンピックのスノーボードの日本代表、岩渕麗楽選手

さらにスポーツマンシップ教育を理解する上で、「尊重」「勇気」「覚悟」とは具体的にどういうものなのか。中村氏に具体的な例をあげて解説してもらった。

「たとえば北京オリンピックのスノーボード。女子ビッグエアの決勝で日本の岩渕麗楽選手は、2本目まで4位でしたが、逆転をかけた3本目で女子では史上初となる最高難度の技に挑みました。技は成功しましたが着地に失敗して転倒。結局4位に終わったのですが、転んだ彼女のまわりに、ファイナリストが次々と集まってきてライバルであるはずの彼女の健闘を称えたんです。スノーボードやスケートボード、サーフィンといった横乗り系と言われるスポーツはオリンピックにふさわしくないという意見もあるようですが、若い彼女たちから、オリンピズムとかスポーツマンシップというものを教えられた気がしました」(中村氏)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル