top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

初任給大幅アップで40万円に! でも、「残業代80時間分を含む」で炎上! 定額働かせ放題!? 固定残業代の闇

週プレNEWS


固定残業代とはどのように生まれ、運用されてきたのか? そして、その功罪は?

「みなし残業」とも呼ばれる固定残業代制度。その多くは30時間程度ともいわれているが、とある企業が過労死ラインギリギリとなる80時間もの固定残業代を設定していることがわかり、SNSを中心に炎上。

では、そもそも固定残業代とはどのように生まれ、運用されてきたのか? そして、その功罪は? 労働法に詳しい渡辺輝人弁護士に話を聞いた。

* * *

■高額初任給の実態は80時間残業が前提?

企業の賃上げニュースが続く中、「新卒採用初任給を一律40万円に」という異例の引き上げを実施した企業が話題となった。アパレルのセレクトショップ「STUDIOUS(ステュディオス)」や完全国産ブランド「UNITED TOKYO」を展開する株式会社TOKYO BASEだ。

広告の後にも続きます

なんて景気のいい話! と思いきや、話題となった理由はそれだけではなかった。同社の求人をよく見ると、「80時間分(17万2000円)の固定残業代を含む」とあり、本来の基本給は20万3000円と記載されているのだ。

80時間の時間外労働(残業)は一般に「過労死ライン」とされる。同社は東証プライム上場企業でもあり、コンプライアンスが厳しく求められる時代にもかかわらず、これほど型破りな求人採用を発表したことで、ネットを中心に大いに議論となった。

そもそも「固定残業代」とは何か。それは残業時間の有無にかかわらず、決められた時間分の残業代を固定で支払う制度であり、「みなし残業」という通称でも知られる。

例えば、月20時間の固定残業代が設定されている場合、労働者は月10時間の残業だったとしても、20時間分の残業代が支払われる。効率良く働ければ、残業が少なくとも高い給与が支払われるため、働く側にもメリットのある制度に感じられるだろう。

実際、同社社長の谷正人氏は東洋経済オンラインの取材にこう答えている(※)。

「なぜ固定残業80時間にしたかというと、むしろ残業をもっと減らすため。月に10時間残業しても70時間残業しても給料は同じだから、当然効率のいいほうを選ぶだろうと」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル