top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

苦戦必至の最終予選にセルジオ越後「選手にはチャンスだよ。地上波中継もあるし、活躍すればヒーローだ」

週プレNEWS


「Jリーグで継続的にいいプレーを見せている選手が多いのはプラス材料。厳しい戦いになるのは間違いないけど、結果を出して見返してほしいね」

2026年北中米W杯のアジアの出場枠8.5に対して、パリ五輪は3.5。五輪最終予選が厳しい戦いになるのは間違いない。

ただ、そんなことは選手も大岩(剛)監督も百も承知だよね。せっかく全試合が地上波中継されるわけだし、活躍すればヒーローになれるのだから、チャンスだと思って頑張ってほしい。それに尽きる。

8大会連続の本大会出場なるか。まず、グループリーグ初戦の中国には問題なく勝てるだろう。ここ最近の中国サッカーにはポジティブな要素があまりないからね。そんなに心配しなくてもいい。

問題は実質アウェーとなる2戦目のUAE戦だ。2連勝なら決勝トーナメント進出の可能性が高くなり、次の韓国戦がラクになる。決勝トーナメントでの戦いを見据えて、選手のローテーションもできる。

広告の後にも続きます

逆にUAEに負けて、中2日で韓国相手に絶対に勝たないといけないという状況には追い込まれたくない。だからUAE戦がポイントになる。

決勝トーナメントは正直、予想のしようがない。グループを1位通過でも2位通過でも準々決勝の相手(順当ならカタールもしくはオーストラリアのいずれか)は手強いし、ほかにも強豪のサウジアラビア、アジア杯で森保ジャパンが負けたイラク、若い年代の強化に力を入れるウズベキスタンなどがいる。

逆に言うと、今大会は力の突出したチームが見当たらない。日本も含めた、全チームにチャンスがある。

すでにA代表で主力のMF久保(建英、レアル・ソシエダ)ほか、招集できなかった海外組が何人かいることで、チームを不安視する声もある。

ただ、僕に言わせればそれほど影響はない。さすがに久保は別格だし、彼を呼べれば良かったけど、そういうスーパーな選手はほかの国も招集できていない。

また、それ以外の選手は、ひと口に海外組といってもA代表のそれとは重みが違うというか、所属クラブのレベルや出場状況を見れば、今回招集された国内組の選手たちと明確な差があるとは思えないからだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル