top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

パリ五輪アジア最終予選突破のキーマン、絶好調の”町田コンビ”平河&藤尾を直撃!

週プレNEWS


MF平河悠(左)とFW藤尾翔太(右)。初のJ1で首位スタートを切った町田の攻撃を共に牽引

パリ五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジア杯(カタール)。3.5の出場枠獲得を目指すU-23日本代表(以下、五輪代表)のキーマンとして期待されるのが、J1昇格1年目ながら堂々首位を走る(第7節終了時点)町田のMF平河悠とFW藤尾翔太のふたりだ。

50mを6秒台前半で走るスピードを生かしたプレーが持ち味の平河は、今年3月のマリ、ウクライナとの親善試合2連戦で招集メンバー中、最も長い出場時間を得ると、代表帰りとなったJ1の鳥栖戦(第5節)では自身初の1試合3アシストをマーク。

左右どちらも器用にこなすウインガーは、好調の町田で今季ここまで全試合に先発出場するなど、Jリーグ屈指の若手注目株といえる。

ただ、五輪代表の多くの選手がユース世代からエリート街道を歩んできているのに対し、平河はいわゆる”非エリート”。佐賀県内の強豪・佐賀東高校3年時にインターハイ出場経験はあるものの1回戦負け。山梨学院大学時代には2、3、4年と3年連続で得点王に輝いたが、関東3部相当に当たる東京都大学1部リーグでの話である。

広告の後にも続きます

2021年12月に発足した大岩剛監督率いるパリ五輪世代のチームに招集されたのも、昨年6月の欧州遠征時が初めて。それまで日の丸には縁がなかった。

「高校時代はプロになれるとは思ってなくて、(卒業後の)就職を考えていた時期もありました。大学でも(3年連続)得点王になりましたが、ドリブルでDFをかわすと、すぐにGKと1対1になれるようなリーグでしたから(笑)。

ただ、成長期が大学になってから来たというか、何か特別な練習をしたわけでもないのに急に足が速くなって、結果も出て、少しずつ自信がついてきたという感じです」(平河)

プロ1年目の昨季は終盤にスタミナ不足を露呈した試合もあったが、町田の黒田剛監督が辛抱強く起用し続けたことで急成長。初挑戦のJ1の舞台でも自慢のスピードを武器に躍動し、五輪代表でも欠かせない存在となった。

「去年の欧州遠征時に初めてパスポートをつくって、初めて海外に行きました。海外では気候も違うし、選手の体つきも違う。ただ、サッカーをする上ではそこまでギャップを感じていませんし、試合をやるたびに順応できている気はします。最終予選でもよけいなことは考えずに自分の力を100%出すだけだと思っています」(平河)

一方の藤尾も予選前最後のリーグ戦出場となった川崎戦(第7節)で決勝ゴールを挙げたほか、ここまでチームトップの3得点。五輪代表ではFWだけでなく、状況に応じてウイングもこなすなど前線のユーティリティプレーヤーとしての活躍も期待される。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル