top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「十分な練習ができない」パラトライアスロン・ウクライナ代表と日本代表チームが合同合宿

パラサポWEB

「パリ? もちろん行きたいけど、今のところわからないよ」

昨夏、取材したウクライナ選手の言葉だ。

ロシアによる母国への軍事侵略が長期化し、パリ2024パラリンピックを目指す選手たちは、競技に全力で打ち込める状況にない。

そんななか、パラトライアスリートのパリへの挑戦を日本がサポートしていることをご存知だろうか。日本トライアスロン連合(JTU)は、スポーツ庁が実施するポストスポーツ・フォー・トゥモロー推進事業でパラトライアスロンのウクライナ代表選手団を招へい。日本代表チームとの合同合宿を実施した。

2月24日から3月5日まで沖縄県本部町で行われた合同合宿

ウクライナの練習環境

沖縄本島北部の本部町。町の競技場では、東京パラリンピックのメダリスト・宇田秀生米岡聡らがランのスピード強化トレーニングを行っていた。日本選手らと400mのトラックを共に走るのは、コーチのコロル・ロマンさんをはじめとするウクライナ代表選手団。昨年も同競技場で合宿していた宇田のファンという地元住民が見守るなか、両選手団は汗を流した。

広告の後にも続きます

合宿が公開されたこの日は、4年に1度の「うるう日」。いよいよ夏季パラリンピック開幕が近づいていると実感させられる。その出場権を争うポイントランキングアップのために重要なレースを控え、ウクライナ選手団の希望で実現した11日間の合同合宿は、パリを目指す選手にとって大きな意味を持つ。

大家族で貧しい環境で育ったというヴィータ。ブラインドのランニングクラブに参加したことがきっかけで、トライアスロンを始めた

東京パラリンピックにも出場したオレクシウク・ヴィータ(女子/視覚障がいクラス)は言う。

「ウクライナと日本は距離的にすごく遠い。でも、(温かく迎え入れてもらえて)すごく近く感じる。私は明日が誕生日なので、大きなプレゼントをもらったよう。感謝しています」

今回来日した4人(選手2人とガイド、コーチ)は、トルコなどに滞在することもあるが、基本的にはウクライナ国内を拠点にしているという。

スイムが得意なナタリアさん(右)とヴィータ

もともと寒い冬の時期には海外でトレーニングを行うこともあったが、国内でも高地トレーニングを行ったり、首都キーウの大きな競技場を日常的に使用できたりと整備された環境があった。

もとは水泳と陸上に取り組んでいたアリサ。2015年にトライアスロンを始め、翌年に開催されたリオパラリンピックに出場を果たした

だが、戦時下では練習拠点になかなか行くことができず、十分なトレーニングを積めないという。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル