top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ジャパンパラで準優勝も、目指すのは金メダルだけ。ゴールボール女子日本代表の現在地

パラサポWEB

3月15日と16日に開催された2024ジャパンパラゴールボール競技大会で準優勝だった女子日本代表。2023年はIBSAワールドゲームズ(イギリス・バーミンガム/8月)、アジアパラ(中国・杭州/10月)、アジアパシフィック(中国・杭州/11月)でも準優勝となり、主要国際大会で頂点に立てない苦しい状況が続いている。パリ2024パラリンピックで欲しいのは金メダルだけ。悔し涙をうれし涙に変えるべく、チームは進化を続けている。

ターゲットはパリの金メダル

ここ最近、金メダルという結果を出せないのはなぜか。どこが足りないのか。エースの萩原紀佳は、悩んだ末にチャレンジすることにした新たな攻撃の引き出しを披露。「すごく練習してきた」という角度をつける助走は、ジャパンパラで得点にもつながった。

金メダルへの強い思いを口にするエースの萩原

「(見えない状態の)相手は助走でボールがどこに来るか判断しているので、くの字に投げたり、投げる方向とは別の方向に走って最後の一歩で(体をひねり)投げたりしている。(そうすることで)角度がつくので相手を惑わせるひとつの武器になるのではないかなと思って」

パリの金メダルにつなげる大会にしたい、と話したジャパンパラで大きな収穫を手にした。

同じく報道陣の前で「金メダル」という言葉を口にしたキャプテンの高橋利恵子は、ディフェンスの要でもある。パリの出場権を決めたアジアパシフィック以降、ディフェンスを課題に挙げて強化したと話す。今大会では世界トップスピードを誇るリヒ・ビン・デビット(イスラエル)の球を受け、チームの弱点となっている場所やスピードボールを受ける態勢などを再確認し、本番まで残り5ヵ月でやるべきことを明確にした。

東京パラリンピックにも出場したキャプテンの高橋

広告の後にも続きます

また、東京パラリンピック以降、レフトポジションを強化するチームでパフォーマンスを上げているのがベテランの天摩由貴だ。

「ずっとライトプレーヤーだったが、レフトに行く可能性もあるんじゃないかというのを自分の中で考えて挑戦していて、今大会でも持てる力を発揮していた」(辻美穂子ヘッドコーチ)

日本代表のポイントゲッターでレフトの欠端瑛子が手首の故障で戦線を離れていることもあり、パリで天摩の活躍は欠かせない。

天摩は昨年、日本代表メンバーから外れることもあったが、復調を見せた

代表の座をつかむのは誰だ?

その天摩とともにレフトウイングを担う21歳の新井みなみも、代表候補に名乗りを上げる。

世界で戦う若手の萩原(左)と新井

「新井選手はすごくコントロールがいい選手。ちょっとずつ跳ねるバウンドが得意で、グラウンダーとの高低差をつけられるので(ライトポジションの自分としては)すごくやりやすいです」(萩原)

新井は175㎝の高さを活かして日本代表のキープレーヤーに成長した

前回のジャパンパラで代表デビューし、その後公式戦も経験した。本人も「1年前と比べたら、移動攻撃ができるようになり、ディフェンス力が少し高くなったのかなと思えた。この場で、みんなに見てもらえてよかったと思います」と充実した表情を見せた。

2021年にゴールボールを始めた新星の新井もパリ代表有力選手だ
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル