top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

表現豊かなオルネッライア の新ヴィンテージ 2021年

ワイン王国

イタリア、トスカーナ州ボルゲリの名門「オルネッライア」の最新ヴィンテージを、京都のイタリアワインバー「M (emme)」のオーナー・ソムリエ、村尾真幸さんが試飲。2021年の特徴をリポートする。

イタリアの高級ワインとして、また世界有数のワインメーカーとしても確固たる地位を築いてきた「オルネッライア」。スーパー・タスカン(*1)の地位に君臨し続け、世界で高い評価を受けるそののフラッグシップキュヴェ『オルネッライア 2021年』をリリースに先がけ試飲した。

[ 関連記事を読む – イタリア ]

オルネッライアは1981年、アンティノリ家の当主の弟にあたるロドヴィコ・アンティノリ氏により、トスカーナ州南部のボルゲリ地区に設立された。創業時から「カリフォルニア・ワインの父」と呼ばれるアンドレア・チェリチェフ氏にコンサルタントを依頼。その後もフランスの天才醸造家ミッシェル・ロラン氏(*2)、ボルドー地方、サンテミリオン地区やポムロール地区でキャリアを積んだアクセル・ハインツ氏を招聘するなど、世界のマーケットを視野に戦いを挑んできた。

(*1)トスカーナ州の伝統的品種サンジョヴェーゼではなく、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロなどを用いて国際的なスタイルに造ったワイン
(*2)世界で最も影響力のあるコンサルタントの1人。世界中を飛び回って各国でワイン造りをするので「フライング・ワインメーカー」の異名をもつ

広告の後にも続きます

恵まれたボルゲリのテロワール

常に根底にあるのはボルゲリという土地とブドウ品種のマッチング。この土地の恩恵を受けるだけではなく、最先端の技術、惜しみない手間、妥協なき品質へのこだわりの下、オルネッライアは生み出される。2001年には『ワインスペクテイター』の「ザ・トップ100ワインズ」において世界第1位を獲得している。そのほか名だたるワイン評価誌でも、ボルドー5大シャトーに比肩するスコアを毎ヴィンテージ、コンスタントに叩き出している。

オルネッライアのあるボルゲリ地区は、(*3)ミクロクリマに恵まれている。1940年代に初めてカベルネ・ソーヴィニヨンが植えられると、そのブドウから驚くほど高品質のワインが造られた。海沿いという立地の恩恵を受け、日光をしっかりと浴びて育つ。同時にティレニア海から吹く温暖な海風がゆっくりとした成熟を促し、夜間には丘陵からの涼しい風がフレッシュな酸を与える。土壌も複雑に混ざり合った独特のテロワールは、特にボルドー品種の栽培に適した濃厚さと優美さを両立させることができるまれにみる産地である。
(*3)微気候。大気の状態を見るときの最小区分

“寛大”が2021年ヴィンテージのキーワード

2021年は「ボルゲリの典型的なヴィンテージを表現している」というのが公式コメント。暖かく雨の多い冬で始まり、土壌に十分な水分が保持された。春には乾燥したが降雨量は平年並みだったため、開花は理想的だった。夏は気温がやや高く、雨はほとんど降らなかったが、春に降った雨と特有の土壌の深さにより、粒が小さく濃縮度の高いポテンシャルの高いブドウが育った。

オルネッライアは毎年そのヴィンテージの特徴を表す一語を選んでいるが、2021年は
「“La Generosita” ラ・ジェネロジタ(寛大)」。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル