top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「パリでマラソンのメダルを」進化中の鈴木朋樹が好タイムで東京マラソン・男子車いす制す

パラサポWEB

3月3日、東京都庁から東京駅のコースで行われた東京マラソン・車いすの部。男子は日本記録保持者の鈴木朋樹が1時間23分05秒の好記録で2度目の優勝を果たした。

「正直、めちゃくちゃキツかったです」

両手でガッツポーズしながらゴールテープを切ると、安堵の表情を浮かべた。

圧巻のV

鈴木は、18km過ぎまで併走していたダニエル・ロマンチュク(アメリカ)に1分半以上の差をつけて折り返し、最終的に5分以上離して42.195kmを走り終えた。

「とにかく今回は、ダニエル選手としかけ合いをした前半がめちゃくちゃキツかった。浅草(18km過ぎ)ぐらいから1人で走る展開になって、そこからは自分との戦いでした」

今大会はパリ2024オリンピックの日本代表選手選考に注目が集まった。その選手たちより5分先に車いすの部は都庁前をスタートした
©TOKYO MARATHON FOUNDATION

タイムを出す大会

広告の後にも続きます

鈴木にとって今大会の目的は、勝負よりも、タイムを出すこと。独走態勢になっても、その目標がブレることはなかった。

「誰かが一緒にいたほうが確実にタイム(の目標)を達成できるかなとは思う。でも(世界記録保持者で絶対王者のマルセル・フグが今回は不在で)自分との戦いになることはわかっていたので」

事前記者会見で目標として掲げていた1時間21分には届かなかった。だが、1時間23分台は、現時点でパリ2024パラリンピックの選考基準になるランキングにおいて絶対王者に次ぐタイムだ。

車いすマラソンにおけるパリの出場枠は昨年12月、マラソンの世界選手権中止が発表されたことで、2024年6月時点でハイパフォーマンスランキングの高い選手に与えられることになった。鈴木は、昨年11月にマークした大分国際車いすマラソンの1分23秒58よりもさらにタイムを縮め、ランキング2位に浮上した。

シーズンは始まったばかりで楽観視できないものの、鈴木にとって2度目となるパラリンピック出場に向けて弾みとなる大会になった。

東京駅丸の内駅舎を背に、単独でフィニッシュラインに向かう鈴木
photo by Asuka Senaga

トレーニング環境を変えるチャレンジ

マラソンとトラックの二刀流で取り組む。2021年の東京パラリンピックは4×100mユニバーサルリレーで銅メダルを獲得したが、マラソン(車いす・T54)は7位に終わり、現在はマラソンをメインとしている。トラックよりもマラソンのほうがパリのメダルに近いと考えているからだ。それゆえ、昨年7月にパリで開催されたパリ2023世界パラ陸上競技選手権大会では、日程未定だったマラソンの世界選手権に備え、出場種目を考慮。800mと1500mに出場したが、万全なコンディションで挑むことが難しく、結果も2種目ともに予選落ちと振るわなかった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル