top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

パリ2024パラリンピック・水泳のメダル候補はサウナ巡りに夢中!

パラサポWEB

スイマーであり、サウナー。パリ2024パラリンピックでメダルが期待される水泳・窪田幸太選手は、よく見ているYouTube番組でサウナの効能を聞いたことがきっかけでサウナの虜になったのだとか。ある冬の日、編集部は、オフに都内のサウナに出没するという窪田選手に同行しました!

窪田幸太(くぼた・こうた)|水泳
100m背泳ぎで東京2020パラリンピックに出場。5位だった悔しさから表彰台への思いを強くし、東京2020大会の表彰式の楽曲を目覚ましアラームに設定していた。元サッカー少年。左上肢機能障がい。遠征の必需品は味噌汁とアミノバイタル(サプリメント)。

一度ハマったら熱中するタイプだという窪田選手。「最近はスマホのゲーム、プロ野球スピリッツAをやってます」

―――サウナにはよく行くのですか?

窪田幸太選手(以下、窪田):YouTubeやNetflixをよく見るんですが、あるとき東海オンエアのサブチャンネルでサウナが身体にいいらしいと知って。3年ぐらい前かな。ちょっと行ってみたのがきっかけです。

―――よく行くのは、ナショナルトレーニングセンター(NTC/東京都北区にあるトップアスリートのための練習拠点)のサウナだと聞きました。アスリートならではのエピソードですね!

広告の後にも続きます

窪田:YouTubeでサ活に興味を持ってから、実際に通い始めたのがNTC内のサウナ。いつからかNTCで夜ご飯を食べるようになったのですが、水泳の練習が終わってから夜ご飯までの時間を有効に使いたいな、と思って。

ちょうど身体のケアをするにも、身体を温めてからストレッチするほうがいいということもあったし、行ってみたらスッキリしてハマりました。

自宅では浴槽には入らず、シャワーだけ。湯船にはつからないけど、サウナは大好きな窪田選手です

―――サウナ室ではどんなことを考えているんですか?

窪田:「無」です。ボケーっとします。本格的にハマりだしたのがコロナ禍だったので、サウナ室でしゃべっていいのかわからないというのもありますが、ひとりで静かに入ることが多いです。NTCではコーチと一緒に入って水泳の話をすることもありますけど、まあ他愛もない話題がほとんどですね。

「なにやら身体によさそうな、ヒートショックプロテインという言葉にも惹かれました」

―――サ活の必需品はありますか?

窪田:サウナハットとサウナマットは必ず持っていきます。朝や昼にサウナに行くことも多いのですが、ハットは、外気浴で日差しがちょっと眩しいときにあるとちょうどいいやと思って。洗濯できて乾きやすい素材のものをネットで探して購入しました。マットは外気浴でいすに座るときもそのまま使えて便利だし、自分のものを使いたいんです。

窪田選手は、自分のものを使いたい派。「もっと長い時間、サウナ室での時間を楽しみたいから、顔周りが熱くなりすぎないようにするためのマスクも気になっています」

―――これまでどんなサウナに足を運びましたか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル