top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

体育会系人材の弱みとは?元慶大4番打者が語るキャリアマネジメントの考え方

パラサポWEB

幼少期から野球一筋で、慶応大学野球部4年時には元巨人軍監督の高橋由伸氏とともにリーグ戦優勝にも貢献。現在は一流アスリートのキャリアアドバイザーとして活躍する木下博之さんのキャリアストーリーについて伺う本企画。

前編では、自分の強みと弱みを分析して能力を伸ばす練習方法やキャプテンや副主将を務めたことで身についたリーダーシップなど、自身の野球経験から得られた強みについて話を伺った。続く後編では、木下さんが社会に出てぶつかった壁を克服し、キャリアアドバイザーとして起業に至った道のり、そしてアスリートの支援を行うなかで見えてきた、体育会系人材が知っておきたい本当の自己分析やスポーツ経験を積む本当の大切さについてお伝えしていく。

海外で直面した実力主義の世界。学生時代の自己分析不足からキャリア迷子に

取引先であった米国ブランズウィック・コーポレーションの現地社員と撮影する、三井物産時代の木下さん(写真は本人提供)

「今思えば、学生時代に野球以外の経験も積んで、自分の視野をもっと広げておけばよかったんです」(木下さん)

木下さんがそう後悔するのには訳がある。三井物産に入社後、アメリカと中国に駐在し、物資商材の輸出入や三国間商売を担当していた木下さんは、その地で日本の年功序列とはまったく異なる、実力主義の世界をまざまざと見せつけられる。

「アメリカに行けば、成果を上げられないとすぐにクビを切られてしまうシビアな世界があり、中国に行けば、転職を重ねることで好待遇を獲得したり、スキルを向上させる世界がありました。一方、日本企業はといえば、世界で“ジャパン・アズ・ナンバーワン”と称えられた輝きをバブルの崩壊とともに失っていた時代。そのせいで実力も人柄も申し分ない優秀な先輩たちが、会社を離れざるを得ない現実を目の当たりにし、自分にも武器となる専門性がなければ、これからの社会の荒波を乗り切ることはできないと痛感しました」(木下さん)

広告の後にも続きます

本来であれば、学生時代にもっと広い視野で「自分の強みは何なのか?」「その強みが発揮できる業界や職種は何なのか?」と、より深い自己分析を行うべきだったと語る木下さん。自分ならではの専門性が発揮できる道に進むべく、今一度、自分の適性に合った環境を模索することとなる。

あらためて自分の強みを見つめ直すことで出会えた、アスリート支援という天職

今回お話を伺った木下博之(きのした・ひろし)さん。慶応大学野球部、三井物産、PR会社の株式会社サニーサイドアップを経て、株式会社ナイスガイ・パートナーズを起業。野球選手を中心にトップアスリートから大学体育会部員まで、選手との対等なパートナーシップを意識しながら、彼らの将来を見通したエージェント業務やキャリア支援業務を行う

そこで再度自分を見つめ直して進んだのが、PRやプロモーションを通じてアスリートをサポートする道だ。「あらためて自分の武器はスポーツ経験にある」と考えた木下さんは、当時、中田英寿氏のマネジメントを手がけたことで話題を集めたPR会社、サニーサイドアップの門戸を叩く。

「きっかけは大学野球を共にした巨人軍の高橋由伸選手でした。彼とは社会に出てからもプライベートな関係で交流を続けていたのですが、その周りにはいつもメディア関係者の方たちが取り囲み、その一挙手一投足に多くの人々が関心を寄せていました。ところが、試合で結果を残すことだけに専念したい若い彼にはその自覚があまりなく、『せっかくの影響力が上手く活用されていないのでは?』と思わされることも……。彼だけでなく、一流のアスリートにはそうした選手も多かったので、じゃあ、私がそのサポートを担えないかと思ったわけです」(木下さん)

入社後は、社長直下の特命案件を中心に、中田英寿氏や北島康介氏、杉山愛氏らプロアスリートのサポート業務を担当。スポーツ関連以外でも、日本版ホワイトバンドや日本郵便のカーボンオフセット年賀状を普及させるプロジェクトのリーダーを務め、PR部長として日本郵政グループや日本ユネスコなど、多岐に渡る業界のPR案件を担当した。

サニーサイドアップ時代に、木下さんがリーダーとして推進した日本版ホワイトバンドプロジェクト(写真は本人提供)

中でも、その後の木下さんのキャリアに強い影響を与えたのが、日本版ホワイトバンドの普及プロジェクトだ。SDGsやESGといった概念がまだ社会に広まっていなかった当時、「グローバルな貧困根絶」という馴染みのないボランティア活動を世の中に広めるのは大変だったという。

「ホワイトバンドとは、”社会課題を知ってもらうため”の啓発活動であり、当時のG8などの主要国政府に発展途上国の貧困問題解決を働きかけるアドボカシー(政策提言)キャンペーンの一つでした。とても有意義な取り組みだったのですが、なかなか世の中の人たちに自分ゴトとして捉えてもらいづらい非営利活動だったため、どうすればより多くの人や企業に興味をもってもらえるのか、キャンペーンの本質的な価値や魅力、その伝え方について徹底的に関係者と議論して考え抜きました。最終的にはアスリートや文化人の方たちの影響力をお借りしたPR戦略を実行するなか、この経験がプロアスリートの強みを見つけ、その価値を最大限に高めていく現在の私の仕事の原型となったのです」(木下さん)

強みとともに知ってほしい、木下さんも直面した体育会系人材の「弱み」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル