top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

AKATSUKI JAPANに続け! パリを目指す車いすバスケットボール女子日本代表が国際親善大会で得た収穫

パラサポWEB

車いすバスケットボール女子の国際親善大会「2024国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会」(大阪カップ)が2月16日から18日にかけて行われた。

会場となったAsueアリーナ大阪は、パリ2024パラリンピックの世界最終予選(4月)の舞台にもなる。

客席には、大阪府内の小中学生、AKATSUKI JAPANの選手、車いすバスケットボールファン……さまざまな人たちが駆けつけ、世界最終予選に出場する日本代表選手らに熱い声援を送った。

3日間でのべ8063人が試合の行方を見守った

強化が実を結ぶとき

昨年2大会ぶりに世界選手権に出場、1月にタイで開催された2024アジアオセアニアチャンピオンシップス(AOC)ではパリ切符を獲得した中国相手に善戦。車いすバスケットボール女子日本代表はいまパリの出場圏内にいる。

男子日本代表としてパラリンピックに出場した選手出身の岩野HC

2021年からチームを率いる岩野博ヘッドコーチ(HC)は充実感を浮かべて語る。
「チーム発足時から積み上げてきた走って速攻のスタイルが実を結んできたかな」

広告の後にも続きます

その日本とイギリス、タイ、オーストラリアの4チームが総当たりの予選を行った大阪カップ。

日本は初戦のオーストラリア戦を72-28の大量スコアで制して波に乗ると、すでにパリパラリンピック切符を手にしているイギリスに完敗。格下のタイにはしっかり勝ち、予選2位で決勝に駒を進めた。

準優勝の日本から萩野真世(写真)と北田が個人賞に選出された

決勝は再びイギリスとの対戦。しかし、雪辱戦ならず、46-71で敗れた。それでも、それぞれのコメントからは手応えが見て取れる。

「最後まであきらめずにやろうという姿勢で挑めた」(岩野HC)

「ディフェンスで削ることができて(勝利チームのオンコートインタビューで)相手が苦しかったと言ってくれた」(柳本あまね

「昨日はボコスカにやられたけど、今日は3発殴られているうち1発は殴り返せた感覚」(北田千尋

日本のスターティング5を担う網本麻里、北田千尋、柳本あまね、萩野真世、財満いずみ

最終予選に向けた収穫と課題

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル