top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

“Y”として過ごした日々は、今の私の礎になっている(大阪・我孫子 その4)〜劔樹人【あの街に鳴る音】最終回〜

耳マン

エレクトロダブバンド・あらかじめ決められた恋人たちのベーシストで漫画家の劔樹人が、これまで住んできた街の思い出と、その頃の心情を綴るノンフィクション連載。リリカルな作風で人気の彼が、エモさたっぷりにお届けします。

最終回:“Y”として過ごした日々は、今の私の礎になっている(大阪・我孫子 その4)

日に日に大きくなる将来への不安

「このバンドはもう辞めよう」「やっぱり続けよう」を繰り返しながら、日に日に大きくなっていた私の将来への不安はいつしか限界に達していた。

結論は概ね出ていたが、自分の心の弱さと優柔不断さにより、なかなか決断まで踏み切れていないという状況がダラダラ続いていた。

広告の後にも続きます

当時、私はとある出来事からモーニング娘。や松浦亜弥を擁するハロー!プロジェクトと出会い、モーヲタ(モーニング娘。オタク)活動に生きがいを見出していた(この時の細かいエピソードは拙著『あの頃。〜男子かしまし物語〜』、もしくはその映画化である『あの頃。』(今泉力哉監督作)を参照していただきたい)。それにより、“進学もせずにやると決めた”ことによるバンドへの依存の気持ちは弱くなっていた。

さらに、ヲタ活を通じて仲良くなった“ハロプロあべの支部”と名乗るオタク集団のメンバーの中心が、“赤犬”という関西で人気のある大所帯バンドのメンバーとその周辺のバンドマンであったことが、私のバンドへの考え方に大きな変化をもたらしていた。

赤犬は、『フジロックフェスティバル』など多くの大型フェスへ出演し、関西はもちろん東京でもチケットがソールドアウトする人気バンドであった。

しかし、メンバーは皆、音楽のほかに自分の仕事を持っており、会社員であるメンバーもいる。だから基本的に週末しか活動しない。しかも半数は熱心なモーヲタなのである。彼らと過ごすことで、こんなふうに楽しくやっていけるバンド活動もあるんだという実感を得た私は、赤犬のような活動に憧れを持つようになった。

対して自分のバンドはというと。

その理不尽さは日々研ぎ澄まされていっているのであった。

  • 1
  • 2