top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

ファラオが届けたいB’zへのメッセージ〜平井“ファラオ”光のB’zコラム『がんじがらめかといえばそう』最終回〜

耳マン

バラエティ番組『アメトーーク!』の『B’z芸人2023』にも出演し、音楽好き&B’zファンとして知られる平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)がB’zの魅力についてひたすら綴る連載! 毎月第2・第4金曜日の正午に更新!!

ファラオが届けたいB’zへのメッセージ

どうも、オモシロヒゲメガネです。

突然ながら哀しみのお知らせを。なんとこのたび『耳マン』が3月いっぱいでクローズしてしまうとのことで、我がB’zコラム『がんじがらめかといえばそう』も今回で最終回となってしまった。思えば始まったのが2023年の9月。あれから大好きなB’zについていろいろなことをさまざまな角度から書いてない。全然書いてない。半年も経ってない。やはりタイトルは『がんじがらめかといえばそうでもない』までにしておけば良かった。結局ちゃんとがんじがらめになってしまった。

しかしこれは仕方のないことだ。せめてこの最終回、悔いのないよう書きたいことを書かせていただこう。

広告の後にも続きます

ということでやはり最後はいちファンとして、B’zのおふたりに届くかどうかはわからないが思い切って個人的な要望を書いてみようと思う。

まずは「ライブアルバムを出してほしい」。

やはりB’zといえばライブである。このコラムでも前にB’zのライブバンドとしての実力については書かせていただいた。が、実は意外にもライブアルバムというものをこれまで一度も発売したことがない。もちろん映像作品がリリースされてはいるので、大半の人にとってはそれでいいのだろう。実際同じような要望がファンから出ているとは聞いたことがない。ただ個人的にライブアルバムというのは、完全に音のみに集中できるという点で意味があるものだと思っている。CDでしっかりライブの音に耳を傾けることで、バンドの本質的な音の魅力が浮き彫りにされる。それがB’zのライブアルバムならなお名盤になることは間違いない。そしてさらに欲を出すなら、アコースティックライブアルバムもぜひ聴きたい。厚みではなく、温もりのある音中で、稲葉(浩志)さんの純粋な声の魅力を感じたいし、松本(孝弘)さんもしっかりアコースティックに振り切ったことはこれまであまりなかったので、ぜひとも聴きたい。

次に「『TMGⅡ』を出してほしい」。

松本さんがミスター・ビッグのエリック・マーティン(ボーカル)、ナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ(ベース)、元ホワイト・スネイクなどのブライアン・ティッシー(ドラム)を率いて結成したバンド、TMG。このスーパーバンドのファーストアルバム『TMG I』が発売されたのは2004年。B’zとはまた毛色の違うヘヴィで硬派なハードロックに、和旋律を積極的に取り入れたサウンドはこの時点ですでに唯一無二の個性を放っていた。豪華メンバーに加えアルバムの出来も最高となれば、第2弾を期待するのは当然の乙女心である。しかし残念ながらファースト以降、ぱったりと活動は止まってしまい今に至っている。大物揃いゆえいろいろと事情があるのだろう。しかしもともとは確か毎度メンバーを入れ替えつつ進めていく想定のプロジェクトだったような気がするので、同じメンバーでなくても国籍問わずおもしろそうな人たちを集めてぜひ続けてほしいと思っている。ちなみにMCだったら私にお任せください。

最後に「どうかありのままで」。

  • 1
  • 2