top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

パリ2024大会の公式マスコット「フリージュ」と歩くパリ

パラサポWEB

フランスのアイデンティティを象徴するフリジア帽。パリ2024大会では、フリジア帽のマスコット「フリージュ」が大会を盛り上げる。
そんなフリージュがパラリンピック競技会場で記念撮影!? パリ2024パラリンピック約1年前となる2023年9月に、パリをめぐったアフロスポーツ所属・松尾憲二郎さんの撮影エピソードとともに紹介する。

競技会場は王道の観光コース

パリ大会は、既存のスポーツ施設のほか、観光名所に大会期間中限定で競技会場が設けられる。これは、サステナビリティ(持続可能)や環境に配慮した取り組みの一環。歴史とスポーツの融合もテーマのひとつになっていて、観客にとっては観光と競技が一度に楽しめるのもうれしい。

フリージュとの旅は、世界体操(ベルギー)、ラグビーワールドカップ(フランス)、ベルリンマラソン(ドイツ)の合間をぬって行いました。

まず、オフィシャルショップで手のひらサイズのフリージュのぬいぐるみを購入するところからスタート。小さいサイズは、トートバックにも入るし、小回りが利きます。天候も良く、撮影日和となりました。

開催約1年前のパリはラグビーワールドカップ一色。フリージュはオフィシャルショップでしか購入できなかったそう

それでは、さっそく散策開始!

フリージュがやって来たのは、パリのシンボルであるエッフェル塔。ここで行われる競技は、ブラインドフットボールだ。

パリ大会の象徴となるエッフェル塔をからめたカットは、とくに気合いを入れて撮影しました。塔全体が映るようにするために、角度を調整するのが難しかったです。悪戦苦闘していたら、ちょうどいい場所に木があって、そこにフリージュを置くことにしました。あの木があって助かりました(笑)。

エッフェル塔の眼下に広がる広場が競技会場。エッフェル塔をバックに競技が見られるとは、なんとも贅沢だ

写真の整理をしていたら、いつのまにかライトアップされていたので、セーヌ川の対岸からの眺めも写真に収めました。

セーヌ川の水面に映ったエッフェル塔が、ロマンチックな雰囲気を演出

エッフェル塔があるシャン・ド・マルス公園には、車いすラグビー柔道が行われるシャン・ド・マルス・アリーナもある。

シャン・ド・マルス・アリーナは、トンネルのような形が特徴的

広告の後にも続きます

アンヴァリッドアーチェリーの競技会場。1687年に軍事病院および退役軍人の養護施設として建てられた場所で、ナポレオン・ボナパルトが眠っていることでも知られている。

アンヴァリッドはお気に入りの場所のひとつです。撮影時は、写真でもわかるとおり、建物の半分が覆われていて、工事中でした。アンヴァリッドに限らず、どの競技会場も工事をしている場所が多く、立ち入ることのできる範囲が限られていました。そのためアングル探しが難しかったです。

アンヴァリッドといえば黄金のドーム。この部分は礼拝堂になっていて、地下にナポレオンの棺が安置されている

アンヴァリッドとグラン・パレを接続するのが、セーヌ川にかかるアレクサンドル3世橋だ。ここは、トライアスロンの発着地となる。長さ107m、幅45mで、1990年に開催されたパリ万国博覧会のために造られた。金色に光る豪華な像が目を引く。

「ここで本当に泳ぐの?」と思いながら撮影しました。

華やかな装飾がパリ散策に花を添える。街灯に明かりがついた夜に訪れるのもよさそうだ

アレクサンドル3世橋を渡ると、車いすフェンシングテコンドーが行われるグラン・パレが見えてくる。ガラス屋根が有名で、常設の「グラン・パレ・ナショナル・ギャラリー」のほか、展示会、スポーツ大会、ファッションショーなどの会場として親しまれている。

アレクサンドル3世橋と同じく、1900年パリ万国博覧会のために建てられたグラン・パレ。当時の最先端建築技術を駆使した

パラリンピックの幕開けを祝う開会式では、シャンゼリゼ通りとコンコルド広場を選手が行進する。

街の中心部にあるコンコルド広場で、どんなパフォーマンスが行われるのか

パリ12区に位置するベルシー・アリーナは、今から40年前、1984年にオープンした。車いすバスケットボールが行われるこの場所では、普段はスポーツイベントから著名な歌手のコンサートまで、さまざまな催しが行われている。

ピラミッドを思わせるベルシー・アリーナ。近くにある広大なヴァンセンヌの森でひと休みするのもいいかも

水泳の会場は、パリ・ラ・デファンス・アリーナ。パリの中心部から少し離れたナンテール市に位置する。

近くに地元の人でにぎわうステーキ屋さんがありました。リーズナブルで美味しかったので、今年の夏にまた行きたいですね。

鱗のようなパリ・ラ・デファンス・アリーナの外観。アルミニウムとガラスのパネル600個からなる
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル