top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

明大野球部に初の女性主務誕生。大学野球にも女性活躍の波?

パラサポWEB

2023年10月、明治大学野球部に初の女性主務が誕生したというニュースが飛び込んできた。社会への女性進出を推進しようという動きが進む中、野球の世界はまだまだ男性社会と言っても過言ではない。そんな中、創部以来、ずっと男性が務めてきた主務に、なぜ女性が抜擢されたのか。主務となった岸上さくらさんご本人のほか、同野球部の田中武宏監督と主将の宗山塁さんにお話を伺った。

創部114年目にして初の女性主務

明治43年創部の明治大学野球部。多くのプロ野球選手を輩出している名門だ

野球部における主務とは、複数いるマネージャーのトップで、試合や遠征の日程調整、さまざまな書類の作成、部品の管理、OB会や取材陣への対応など、いわゆる裏方仕事を一手に担う大切な役割だ。明治大学野球部では、1910年の創部以来、主務はずっと男性が務めてきた。しかし2023年10月26日、田中武宏監督は3年生の女性マネージャー岸上さくらさんに「主務になってくれないか」と打診。岸上さんはその場で承諾したそうだ。その理由について田中監督は次のように話す。

東京六大学野球で2023年春、明治大を85年ぶりとなるリーグ3連覇に導いた田中武宏監督

「もともと主務はマネージャーの中から選ぶのですが、ここ数年、男性のマネージャー希望者が少なく、3年生にいたっては男子マネージャーは1人でした。しかも彼は、選手兼任だったこともあり、だいぶ前から次は岸上さんにと考えていたんです。それは、単に男性がいないからというだけでなく、岸上さんは私が指示をしなくても朝の練習を見学していいですか? と聞いてきたりして、チームのことを人一倍考えてくれているというのが分かったからです」(田中監督)

野球部員は基本的に寮生活をし、選手たちは寮から直接朝練をするグラウンドへ向かう。しかし寮に住めない岸上さんは6時半からはじまる朝練に自宅から通っていたという。そんな岸上さんの姿を見ていた田中監督は、過去に例のない女性主務誕生を実現させるため、OBにも相談をした。

「事前に主務は女性ではダメでしょうか? と相談したところ、岸上さんならいいんじゃないと内諾をいただいたので、後日、本人に打診しました。その場で『良ければやらせてください』と言ってくれて良かったです」(田中監督)

あの高橋由伸氏もタジタジに?

ベンチで選手を指導する田中監督

広告の後にも続きます

OBにも相談した田中監督だが監督自身は、女性が主務になることをそれほど特別視していなかったという。それには監督の経歴も影響していた。田中監督は以前、日産自動車に所属していた。

「私が日産自動車にいた頃は、ちょうど女性の管理職がバンバン増えていた時期で、私が退職する直前の上司は女性でしたから、女性に能力があるということは十分身にしみてわかっていました。世の中にはそれぞれの得意分野を発揮できる適材適所、男女関係なく力を発揮できる場所があると思うんですよね」(田中監督)

そんな監督が岸上さんの能力を評価した面白いエピソードを話してくれた。

「これはOBから聞いた話なのですが、何かの講演会の時に東京六大学野球部のOBとして慶應義塾大学出身の高橋由伸さんがお話をされたそうです。その後の質疑応答の時間に、岸上さんがいろいろと鋭い質問をして、高橋さんがタジタジになっていたというんですよ。『岸上さん、しっかりしてるね』とOBも褒めてくれて、そういう物怖じしないところがあるんだなと思いました」(田中監督)

戦うよりも理解し合う

2023年10月、明治大学野球部で初の主務になった3年生の岸上さくらさん

創部113年の歴史を誇る野球部で、総勢100名の選手やマネージャーを支えていく、女性初の主務を打診されて、岸上さんはどう考えたのだろう。

「打診されたとき、責任や不安は感じましたが、あまり大きく動揺はしませんでした。というのも、その一年ほど前に前任の主務の方から『期待しているから頑張ってほしい』と声をかけていただいて、その時、なんとなく『女性主務』という言葉も聞いていました。ですからもし本当に任せていただけるなら、責任を持って取り組めるように自分なりに準備はしていたんです」(岸上さん)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル