top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

オタゴの多彩さを表現する「ヴァリ・ヴィンヤーズ」

ワイン王国

オタゴのサブリージョンの個性を生かしたワインを手掛けるニュージーランドの「ヴァリ・ヴィンヤーズ」から、ワインメーカーのジェン・パーさんが来日した。「アカデミー・デュ・ヴァン」講師の楠田卓也氏をコーディネーターに迎え開催されたセミナーで、四つのサブリージョンから生まれるピノ・ノワールを試飲。オタゴの多様性を体験した。

南半球に浮かぶ島国、ニュージーランド。豊かな果実味と冷涼気候から来るエレガンスを兼ね備えたワインを生み出す産地だ。「アカデミー・デュ・ヴァン」講師の楠田卓也氏は、ニュージーランドを次のように説明する。

[ 関連記事を読む – ニュージーランド ]

「雨が少なく乾燥していて、1日の寒暖差が20℃ある日も多い。非常に涼しい地中海性気候の下で高品質なワインが生まれています。また、ニュージーランドは最後に現れた新世界産地。世界各地のワイン産地が品質向上に力を入れ始めた1970年代以降の知識・経験が一気に集結され、瞬く間に銘醸地の地位を確立しました」

国内のブドウ栽培面積はおよそ4万1000ヘクタールで、白ブドウが81パーセント、黒ブドウが19パーセントを占める。主要品種はソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワール。今回試飲した「ヴァリ・ヴィンヤーズ」が拠点とするセントラル・オタゴ地区は、マールボロ地区に次ぐピノ・ノワールの一大産地で、セントラル・オタゴの総栽培面積の76パーセントをピノ・ノワールが占めるほどだ。

ヴァリ・ヴィンヤーズ

広告の後にも続きます

ヴァリ・ヴィンヤーズは1993年に、当主のグラント・テイラー氏によって設立された。アメリカ・カリフォルニア州やオレゴン州でワイン造りを経験し、93年に地元のセントラル・オタゴに帰ってきたテイラー氏が「オタゴのサブリージョンの個性を生かした高品質なワインを造りたい」と立ち上げたワイナリーだ。

今回来日したジェン・パーさんは、2015年から同ワイナリーのワインメーカーとして活躍している。オレゴン州の出身で、大学卒業後はIT系企業の営業担当として働いていたが、好きが高じてワインの世界へ飛び込んだ。数々のワイナリーで研鑽を積み、テイラー氏と出会ったことを機に同ワイナリーに参画。

ワインメーカーのジェン・パーさん(©Anna Allan)

ヴァリ・ヴィンヤーズは、ギブストンを拠点に、バノックバーン、ベンディゴ、ワイタキに畑を所有。今回のセミナーでは、パーさんの解説とともに、各サブリージョンのピノ・ノワールやピノ・グリのオレンジワインをテイスティングした。