top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ワインで旅するニュージーランド 自然と食を満喫できる癒やしの島国

ワイン王国

ニュージーランド大使館で「ワインで旅するニュージーランド」をテーマにイベントが開かれた。ゲストに㈱WS代表取締役・ワインディレクターの田邉公一氏とトラベルエディターの伊澤慶一氏が登壇し、それぞれ、ニュージーランドのワインと旅の魅力をたっぷりと語った。

太古からの自然、食の宝庫

国土のほぼ3分の1が国立公園などとして環境保護の対象となっているニュージーランドでは、太古から受け継がれてきた大地や森林が今も大切に守られている。また、ニュージーランドの人々の気さくで親しみやすい人柄もこの国の魅力だ。「マナキタンガ」(先住民マオリの言葉で「おもてなしの心」を意味する)の精神が根付いており、同国を訪れた人々を「ファナウ(家族)」の一員として歓待してくれる。

[ 関連記事を読む – ニュージーランド ]

成田空港からニュージーランド北島のオークランド国際空港への直行便は毎日運航されている。ニュージーランド国内は路線バスが発達しているので、到着後の交通の便が良くありがたい。車は日本と同じ右ハンドルのためレンタカーでドライブするのもお勧めだ。

どこかのんびりした雰囲気が満ちたニュージーランドは、食の宝庫でもある。国全体で農畜産業が盛んで、国内最大の輸出品である乳製品や、キウイフルーツ、牛肉、ハチミツなども有名だ。何と言っても、ワインラバーにとってはワインの名産地として知られていることだろう。

エレガントでフルーティーなシャルドネ

広告の後にも続きます

ニュージーランドは南太平洋に浮かぶ島国で、約1600キロにわたり南北に長く伸びる国土を有する。ホークス・ベイ、ギズボーン、ネルソンなどの産地がある北島と、ワイタキ・バレー、マールボロ、セントラル・オタゴなどがある南島に分かれる。産地は東側に集中しているが、これは、島の背骨に当たるサザン・アルプス山脈が西からやってくる雨雲を防ぐことで、東側は乾燥した気候になるからだ。

国の代表品種であるソーヴィニヨン・ブランは、全生産量の70パーセント以上を占める。1979年に初めて商業用に生産されて以降、ニュージーランドのワイン産業を牽引し続けている品種だ。白品種の生産量第2位のピノ・グリに続くのがシャルドネ。生産量は2万2528トンと、ソーヴィニヨン・ブランの37万8300トンの約6パーセントだが、各地域で高品質なワインが生み出されている(*)。

* 生産量のデータは2023年現在。ニュージーランドワイングロワーズの統計より

「ニュージーランドのシャルドネはブルゴーニュに近いスタイルですが、パイナップルやアプリコットなどのトロピカルフルーツの印象がより豊かです」とワインディレクターの田邉公一氏。

田邉公一氏 Kouichi TANABE
㈱WS代表取締役・ワインディレクター。レストランやワインショップ、スクールを中心に、都内外の複数の企業のワイン、飲料の監修やセミナー講師を務める。近著に『ワインを楽しむ 人気ソムリエが教えるワインセレクト法』(マイナビ出版)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル