top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

暖冬に備えるポイントとして誤っているものは?

防災ニッポン

A) 暖冬だからと油断せず、常に車のタイヤチェーンを装着しておく

B) 季節予報や2週間気温予報を確認して、農作物への対策を行う

C) 気温が急激に下がる予報となっている場合は大雪を警戒する

 

答えは次のページへ!

正解. A

広告の後にも続きます

暖冬では急に天候が不安定になる場合があります。そのときに警戒したいのが大雪です。短時間で積雪となるケースもあるので、暖冬の年にも大雪への備えを整えておきましょう。
車に関しても、暖冬だからといってタイヤ交換をせずに乗り切ろうとするのは安全とは言えません。例年通り、スタッドレスタイヤの装着をおすすめします。

タイヤチェーンは雪道や凍結路を走るときに効果を発揮しますが、路面に雪や凍結がない道で装着すると、チェーンが切れたり、ホイールが傷ついたりしてしまうことがあるため、常に装着すべきものではありません。路面に乾燥した部分が見え始めたときが、チェーンを外してスタッドレスタイヤで走行するタイミングです。

大雪や農作物への対策を行うには、早めに情報を把握しておくことが大切です。季節予報や2週間気温予報を活用して、天気や気温傾向をチェックしましょう。

(参考記事)
今年の冬は暖冬? 暖冬時に注意すべき災害とは

〈執筆者プロフィル〉
nagi フリーランスライター

<関連する記事はこちら>
冬の気象災害に備えよう!寒い時期ならではのリスクとは

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル