top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

パリの代表選考をかけた日本ボッチャ選手権でエースたちが掴んだもの

パラサポWEB

パリ2024パラリンピックに向けたボッチャ日本代表選手選考会を兼ねた「TOYOTA presents 第25回日本ボッチャ選手権」が1月21日、幕を閉じた。笑顔と涙が入り混じった現場をレポートする。

パリ2024パラリンピックの日本代表に内定した(左から)杉村、遠藤、廣瀬

<BC1女子>

“勝ったほうがパリ内定”。BC1女子決勝は、予選12月に行われたアジア・オセアニア選手権(香港)でBC1/BC2チームの日本の出場権を勝ち取った遠藤裕美とリオ・東京パラリンピックのメダリスト藤井友里子の顔合わせとなった。

「自信のある中で試合に入れた」
そう話したのは、前回優勝者の遠藤だ。大会まで一週間、集中してロングボールの強化を図ったと言い、予選でもロングボールを投げて感覚を研ぎ澄ましてきた。

一方、女子の第一人者としてBC1クラスをけん引してきた藤井は、力んでフォームが崩れる原因となっていた“重荷”を捨てたことで調子を上げているという。

独特の緊張感が漂う中で始まった試合は、第2エンドで遠藤が仕掛けたロングボールに藤井が対応できず、遠藤が5得点。ビッグエンドをつくって大きくリードした遠藤に対し、藤井は自身に有利なエンドで複数得点を挙げられなかった。

広告の後にも続きます

「でも、道が開いたのでそこにボールを固めることはできた」と藤井は納得の表情。最後まで次の展開を読む自身のボッチャを貫いて「いい試合ができた」と振り返った。

8-2で勝利した遠藤が大会2連覇。「(エンドの移行で)ロングからショート圏内になるときに修正がうまくできない部分があった」と課題を挙げたものの、「練習してきたことが結果につながった」と、報道陣の前で顔をほころばせた。

笑顔を見せる遠藤(左)と藤井

さらに遠藤は、自身初のパラリンピックとなるパリ大会の日本代表に内定。大会後の記者会見で抱負を述べた。
「すごくうれしいの一言。このチームでパラリンピックの舞台でいい成績を残せれば最高だと思う。個人戦では決勝に上がって強い選手と戦いたい。自分がどれだけ対応できるか確かめたいです」

ボッチャの個人戦は、パリから男女に分かれて実施される。“日本代表決定戦”に敗れた藤井は言う。
「(男子の中で負けないように頑張ることがモチベーションだったので)私にとっては複雑だったが、女性にもチャンスが来たということ。頑張ってほしい思いです」。女子代表になった遠藤は、女子選手の道しるべを作ることができるか。藤井から遠藤にバトンは渡された。

<BC4男子>

「お前に青春をすべてかけてきてよかった、と言われて。試合前から泣きそうでした」
BC4で3連覇した大阪体育大学の内田峻介は、報道エリアで「アダプテッド・スポーツAPES」の先輩であるコーチとのやり取りを明かすと、涙をこらえることができなかった。

試合中、笑顔でグータッチを交わす内田とコーチ

ボッチャ日本代表「火ノ玉ジャパン」のキャプテンでもある内田の感情があふれたのは、アジア・オセアニア選手権のクラス分けでNE(出場資格なし/編集注:ボッチャの場合、1回のNE判定では、次の国際大会出場機会を奪われるわけではない)の判定を受けたことと無縁ではない。
「この1ヵ月すごく苦しかったが、周りの人に気持ちの面でサポートしてもらった。さらに、コーチには対戦する選手の対策をしてもらい、優勝することができたと思うので感謝しかありません」

内田(左)と江崎の対戦は、予選屈指の名勝負となった
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル