top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

2024年がスタート。パラリンピックイヤーの抱負を聞いてみた

パラサポWEB

2024年のパラスポーツは、8月に幕を開けるパリ2024パラリンピックで東京2020パラリンピックに続く日本選手の活躍が期待されます。そこで、パリを目指す注目選手に、2024年はどんな年にしたいか、聞いてみました!

個性豊かなパラアスリートが輝くとき

2023年に最も脚光を浴びたパラアスリートといえば、17歳の車いすテニスプレーヤー、小田凱人だろう。6月の全仏オープン(男子シングルス)でグランドスラム初優勝を飾ると、世界ランキングも1位になり、7月のウィンブルドン選手権を初制覇。“最年少記録”を次々と打ち立てた。

「HEROs AWARD 2023」に出席した車いすテニスの小田。タキシードはテーマカラーに合わせた赤をチョイスした

ナンバーワンになった小田の次なる抱負を聞いてみると……。
「もうひとつ、一番といえばオンリーワンかなと思って。2024年の目標は『Number.1 and Only.1!!』にします」

現在は世界ランキング2位。初めてのパラリンピックは、2023年10月の杭州アジアパラ競技大会を制したことで出場が内定しており、パリでもオンリーワンのプレーを極めてナンバーワンを狙う。

卓球の八木は「楽しく!!」とニッコリ

同じく日本代表に内定している卓球八木克勝も、自分らしさを追求して戦うパラアスリートだ。2度目のパラリンピックでメダルを目指す、今年の抱負は「楽しく!!」。

広告の後にも続きます

「スポーツの起源は楽しむための“遊び”なので、2024年を楽しみます。パラリンピックも楽しくいきたいと思います!」

楽しんだ先に、勝利が待っている。

パリの舞台に上がるために

パリの出場権をかけて、これから大一番を迎える選手たちもいる。

パリパラリンピックのアジアオセアニアゾーン予選を兼ねた「2024アジアオセアニアチャンピオンシップス」を控えるのが車いすバスケットボール日本代表だ。男子のベテラン、香西宏昭の目標は「パリでメダル獲得!」。

東京パラリンピック銀メダルメンバーの香西は、現在も日本代表チームに欠かせない存在だ

東京大会で増えた車いすバスケットボールファンの期待に応えるため、そして2大会連続のメダル獲得という大きな目標への挑戦権を得るために、なんとしても出場権を掴みたい。

北京・ロンドン・リオ・東京パラリンピックの4大会に連続出場し、自転車競技で銀メダル3個と銅メダル2個を獲得している藤田征樹も、パリ大会の出場権獲得を狙ってラストスパートをかける。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル