top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

二刀流からスノーボードに専念。ミラノ・コルティナで表彰台を目指す小須田潤太の本気

パラサポWEB

2021年の東京2020パラリンピックは陸上競技で、翌年の北京2022冬季パラリンピックにはスノーボードで出場。夏冬両方のパラリンピックに出場した小須田潤太は「パラリンピックのメダルが欲しい」という気持ちを強くし、2021-22シーズンからスノーボードに専念している。そんな小須田に大きな影響を与えた人物、そして変化しつつある競技についての思いを聞いた。

超ポジティブなパラアスリート

SNSに投稿した「義足の履き方」動画は何万回も再生され、高速で滑走するスノーボード動画には転倒シーンも惜しみなく投稿する。パラスノーボードチームの若手として北京パラリンピックに出場した小須田は、世界の上位に名を連ねるようになった現在も、超ポジティブな姿勢を貫いている。

小須田潤太(以下、小須田) 需要があるかはわかりませんが、しっかり発信することが大事だと思っています。そう思って知人のお子さんに手伝ってもらいながら、SNSで発信をしてみたらInstagramはもちろんのこと、TikTokのフォロワーも増えてきました。SNSでも『足がなくなってよかった』と発言していますが、もし『今から足を生やすことができるけど、どうする?』とささやかれても確実に断りますよ。本当に、足がなくなってよかった。心の底からそう思っています。

パラスノーボード日本チームの先輩たちから運動神経とセンスの塊と評される。スポーツ好きの両親の血を受け継ぎ、体を動かすのが好きだった

そんな小須田は、足を失ったことで落ち込んだ記憶がない。だが、パラスポーツで自身が輝ける場所を見つけ、「一番になりたい」とまい進する現在と当時のマインドは似て非なるものだ。

小須田 20歳くらいのころは何も考えない無気力な人間だったし、何かに本気で取り組むことがなかったんです。21歳のとき、交通事故で右脚の大腿部を切断したのですが、足を失ったのは、究極の自業自得です。当時、引っ越し業者で働いていたのですが、3月で超繁忙期だったこともあって自分から『出勤させてください!』と志願して、休みなく働いていました。そんな矢先の居眠り運転でしたから。ただ、好きな仕事をしていただけなんです。

ミラノ・コルティナ冬季パラリンピックのメダルを目指す義足のスノーボーダー小須田

広告の後にも続きます

小須田には、子ども時代の印象深い出来事がある。サッカーに夢中だった小6のとき、入りたかった上位チームの選抜で落選したのだが、どうやら落ちた選手の中で最もいい評価だったらしい。それを伝え聞いてしまってから、何もかもが中途半端になってしまったと本人は振り返る。

小須田 セレクションには落ちているのに、受かった気分になっちゃったんです。全然ダメだったと思っていたほうが、もっといろんなことにがむしゃらに取り組めたのかもしれないですよね。以来、何事も「そこそこに取り組めばいいや」と考えるようになり、失敗を恐れるようになってしまったんです。

「見た目のこだわりはあまりない」という義足は、ゴルフ選手のジョイントパーツと足部を参考にしたもの。多少凸凹した地形でも、しっかり踏み込めるんだとか

考え方が変わる転機は、事故から約3年後に訪れた。すぐに脱げてしまう義足が不快だったという小須田は、ほとんどの時間を松葉杖で過ごしていたという。しかし、義足メーカーのランニングクリニックに参加したことがきっかけで、義足とスポーツに向き合うようになった。

小須田 リハビリを担当してくれた理学療法士からスポーツを勧められていたのですが、義足がフィットしなかったこともあり、正直に言ってピンと来ませんでした。でも、義足で生活したほうがいいことはわかっていましたから、ランニングクリニックに行ってみたんです。そしたら、自分より背は小さいのに世界で戦っている“あの人”との出会いがあり、陸上競技を始めてみようと思うようになりました。

先輩に勝つ。そのために選択した二刀流という道

“あの人”とは日本の義足の陸上競技選手として初めてパラリンピックのメダルを獲得した山本篤。小須田と同じ片大腿義足であり、同クラスの走り幅跳びで世界記録を樹立したこともあるトップランナーだ。たった一人との出会いが人生を変えてしまうことがあるが、小須田にとってそれが山本だった。

小須田 陸上競技の道に進んだのは篤さんの存在が大きかったからです。陸上競技ではなく、他のスポーツでもよかったのかもしれません。実際、スノーボードも篤さんの影響で本格的に始めましたしね。篤さんの第一印象? とにかく『カッケー!』です。その篤さんに『お前、タバコやめろよ』と言われたので、翌日からやめました。当時は若手がいなかったこともあると思うのですが、アスリートとしての可能性を見出してくれたんだと思います。

パラアスリートを陸上競技への道にいざなってきた先輩の山本には「たぶん、一生敵いません」
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル