top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【豪華プレゼント付き!】シャンパーニュ「ドゥ・ヴノージュ」、エレガンスを極めたプレステージ

ワイン王国

2015年に登録された世界遺産の一つ「エペルネ市シャンパーニュ大通り」。33番地に鎮座するひときわ優雅な館が「ドゥ・ヴノージュ」の本社だ。内部もほぼ戦災に遭わず“ベル・エポック”そのままの姿が残り、サロンを飾るルイ15世様式で統一された調度品は、レプリカではなくすべて本物だ。

本社の前庭でグラスを掲げるルイ15世の銅像。有名な撮影スポットでもある

ドゥ・ヴノージュは王室と関わりが深い。「プランス」(英語でプリンス)シリーズはドゥ・ヴノージュを御用達にしていたオランダ王室オレンジ公へのオマージュだ。独特なボトルデザインはデキャンタを模したもの。王室では、商品名を伏せるためにシャンパーニュをわざわざボトルからデキャンタへ移していたという習慣にアイディアを得た。

[ 関連記事を読む – シャンパーニュ ]

広告の後にも続きます

CEOのジル・ドゥ・ラ・バスティエール氏。日本にホームステイ留学した経験がある。「プランスのブリュットには焼き鳥、ブラン・ド・ブランには刺し身、ロゼには神戸牛が合いますよ」

「エレガントなシャンパーニュを引き立て、プレステージ・キュヴェを供するような食卓に華を添えるには、このボトルデザインが最もふさわしい」とCEOのジル・ドゥ・ラ・バスティエール氏は語る。その言葉通り、プランスシリーズはどれも泡がきめ細かく、口当たりも滑らかで極めて優雅だ。『プランス・ブリュット 1stエディション NV』はグレープフルーツのアロマ、『グラン・ヴァン・デ・プランス・ブラン・ド・ブラン 2015年』はレモンの香りがさわやかでミネラリー、『グラン・ヴァン・デ・プランス・ロゼ 2015年』はバラとイチゴが香る。

ドゥ・ラ・バスティエール氏は1995年に新卒で入社し、2015年、社長に昇格した。生え抜きの社長はシャンパーニュ では非常に珍しい。「シャンパーニュは栽培から世界中の消費者に届くまで数十年と、とても時間のかかる商品です。長期的展望を持てるのはメゾンの強みでしょうね」と話す。夢は「“ベル・エポック”そのままの本社厨房を修復し、メゾンのシャンパーニュとのマリアージュが楽しめるレストランを開く
こと」

プランスの世界観に身を委ねるのに、これ以上ふさわしい舞台はない。体験できる日が待ち遠しい。

メゾンのラベルコレクション。王室用のものもある

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル