top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

日本人アーティストの作品がラベルに。 アマローネ×日本の伝統工芸

ワイン王国

ヴェネトの名門「マァジ」7代目のアレッサンドラ・ボスカイーニさんが、息子のアレッサンドロさんと来日。日本人アーティストによる『コスタセラ・コンテンポラリー・アート』のお披露目が行われた。

漆と螺鈿を施した香炉がアマローネのラベルに

11月、在日イタリア大使館にて「マァジ」の『コスタセラ・コンテンポラリー・アート』が公開された。ワインのラベルに映し出されたアートは、漆芸家・浅井康宏氏の作品で、日本の伝統工芸である蒔絵と螺鈿(らでん)があしらわれた香炉『西香』だ。その名前は“西=ヨーロッパ、香=香り”に由来、この “ヨーロッパの香り”には、イタリアのブドウやワインの香りへの思いが込められている。

[ 関連記事を読む – アマローネ ]

250年を超える歴史を持つ「マァジ」

マァジは、イタリアのヴェネト州ヴェネツィアにルーツを持つボスカイーニ・ファミリーが、ヴァルポリチェッラ・クラッシコ地区で起こしたワイナリーだ。昨年で250周年を迎えた老舗で、アマローネのエキスパート的存在。ワイン造りはもちろん、アートや文化を大切にし、さまざまな活動を行ってきたことでも高く評価されている。
お披露目のために来日した7代目アレッサンドラ・ボスカイーニさんにコスタセラ・コンテンポラリー・アートについて伺った。

セールスディレクターのアレッサンドラ・ボスカイーニさんと、初来日した息子のアレッサンドロさん

広告の後にも続きます

「このプロジェクトは、私たちと縁の深い国から国際的に活躍するアーティストを選び『“コスタセラ・コンテンポラリー・アート”アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ』に捧げる作品を制作してもらうという試みです。2013年、スウェーデンの画家アーネスト・ビルグレンさんを皮切りに、2年ごとに開催。スイス、カナダ、中国、ロシアと続き、今回は6番目として日本の浅井氏の作品を選びました」

さらにこのプロジェクトでは、若手芸術家の育成も大きな目標となっている。
「アートラベルボトルを販売した収益金は、そのアーティストのお弟子さんがヴェネツィアのムラーノ島にあるガラス工房に1カ月滞在し、ガラス製作を学ぶための奨学金に充てられます」

アートラベルが貼られるのは、マァジのフラッグシップワイン “コスタセラ”アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコだ。
「エントリーしてくださった芸術家の方々には、まず先入観なしにこのワインを飲んでもらいます。そこで得たインスピレーションを自由に表現してもらっているのですよ」

ワインの素晴らしさを水滴とブドウで表現

漆芸家の浅井康宏氏が「マァジ」のアマローネを飲んで得たインスピレーションを香炉に表現。「西香」は漆と螺鈿を用いた優美な作品。上部のつまみ部分はブドウの水滴をイメージしている
©Tadayuki MINAMOTO

ラベルの表面には剥がせるシートが。めくると「西香」の姿が現れるという仕掛け

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル