top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ブラサカ&パワーリフティングでパリを目指す! 異種目アスリート夫婦のほのぼの対談

パラサポWEB

ブラインドフットボール日本代表として長く活躍している田中章仁選手、パラ界注目の超新星・パワーリフティングの田中秩加香選手は、結婚12年目。ともにパリ2024パラリンピック出場を目指すアスリート夫婦ですが、競技中の顔とは異なり、普段のふたりの雰囲気はほのぼのそのもの。そんなふたりに、なれそめから日常生活、そしてパリへの思いを語り合っていただきました。

田中章仁(たなか・あきひと)
1978年静岡県生まれ。視覚障がい。ダイエット目的で始めたブラインドフットボール(ブラインドサッカー)で一気に頭角を現し、2009年から日本代表に。体を張って相手選手を止めるプレーにストイックさが体現されている。海外遠征後のご褒美飯は、お寿司だが、お気に入りの店がつぶれてしまい、新たな行きつけを探索中。NTTクラルティ勤務、たまハッサーズ所属。

田中秩加香(たなか・ちかこ)
1983年東京生まれ。 肢体と視覚の重複障がい。下肢障がいのある選手が出場するパワーリフティングで世界に挑戦中。やわらかな物腰で、まわりをほんわかとした雰囲気で包み込むが、時折アスリートが持つ芯の強さを感じさせる。年末年始の里帰りでは、夫の実家で静岡おでんを食べるのが楽しみ。お寿司も大好きで、アキさんいわく「しょっちゅう食べている」。

目覚めちゃったか

――田中章仁選手はブラインドフットボール日本代表の中でもベテランですが、田中秩加香選手は競技歴わずか1年少しで、パラリンピック出場を狙う位置につけた注目株です。秩加香さんがパラリンピック競技をやる、と聞いたときはどう思いましたか?

田中章仁(以下、アキ): 秩加香は僕と出会う前から、本格的にパラ陸上に取り組んでいたアスリートなんですよ。車いす陸上は引退したのですが、今度はパワーリフティングをやると聞いたときは、「また目覚めちゃったか」と思いました。

広告の後にも続きます

田中秩加香(以下、ちかこ): なまった体を動かしたいなと、トレーニングとして気軽な気持ちで始めただけで、最初は競技として取り組むつもりはなかったんですけどね。
でも、トレーナーさんにすすめられて、2022年4月に行われた第5回チャレンジカップ京都に出場したことがきっかけで、韓国(アジア・オセアニア地域選手権大会)に行くことになっちゃって。それ以前から、アキさんには競技としてやることになるかも、と少しずつ話してはいたのですが、韓国行きが決まったことで、きちんと競技としてやってみたい、と伝えました。

「陸上競技は、重複障がいという現実も受け止めて道半ばであきらめたので……」という秩加香さん。陸上競技時代にサポートしてくれた母はパワーリフティングの大会にも応援に来てくれたそうです

アキ: パワーリフティングは国内外のレベルの差が大きいと聞いていましたし、海外遠征が続くとなると金銭的な負担もそれなりになるので、正直厳しいなとは思ったんです。でも、そもそもどのレベルまで到達するかはやってみないとわからないですよね。なので、とりあえずがんばってみたら、と送り出すことにしました。

出会いはリハビリ&自立施設

――年上でしっかり者のアキさんとふんわりとした雰囲気の秩加香さんは、本当にお似合いのご夫婦ですね。ふたりのなれそめ、聞いちゃってもいいですか?

アキ: いいよね?

ちかこ: うんうん。

アキ: 出会いは、2004年です。僕の視力が落ちて、自立に向けたリハビリと訓練をするために所沢にあるセンターに入所し、寮生活をしていたところへ、彼女が入ってきたんです。彼女はずっと肢体不自由の特別支援学校に行っていたのですが、視覚障がい者が使う便利グッズなどを知りたいとのことでした。同時に何人か入ってきたので、とりあえず挨拶したのは覚えてるんですけど、第一印象は全然記憶にないんですよね(笑)。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル