top_line

【クイズ】明治時代に建てられた「鹿鳴館」。上流階級が集まって何をしていたでしょう?

サンクトガーレンから麦のワインが今年も登場!

ワイン王国

毎年11月の第3木曜日といえば、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。今年は11月16日にワインの販売店やレストランなどで、お待ちかねのワインの新酒が販売開始した。

そして、この日サンクトガーレンからも、毎年恒例となっている麦のワインが登場。麦のワインは毎年ボジョレー・ヌーヴォーと同時に解禁されるビールで、今年は大麦のワイン「el Diablo 2023」と小麦のワイン「Un angel 2023」が各6,000本限定で販売中だ。

[ 関連記事を読む – ボジョレー・ヌーヴォー ]

高アルコールで濃厚な味わいの2種類のビール

サンクトガーレンの麦のワインは、シャンパンと同じ瓶内2次発酵製法で造られている

麦のワインとはその名の通り、アルコール度数が高くて長期熟成が可能な、ワインのような楽しみ方ができるビールである。麦芽、ホップ、水、ビール酵母といった通常のビールと同じ原材料で造られており、大麦麦芽を主原料としたバーレイワインと小麦麦芽を主原料にしたウィートワインの2種類がある。

広告の後にも続きます

サンクトガーレンでは、2006年からバーレイワインを、2012年からはウィートワインを毎年発売。膨大な量の原料を使うことで、高アルコール度数かつ濃厚な味わいのビールに。

例えば、麦芽は通常のビールの約3倍。さらに麦汁の濃度の高い部分だけを使用しているため、麦の旨味が凝縮され、蜜のようにとろりとした口当たりに。

ウィートワインの主原料である小麦麦芽は大麦麦芽よりもタンパク質が多いため、より とろみを感じられるそうだ

またホップは、ウィートワインは約2.5倍、バーレイワインは約7倍の量を使用しているため、華やかな香りとともに重厚な苦味を堪能できるとのこと。

ホップもふんだんに使用

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル