top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「いい推しの日」最新! パラスポーツ界の推し活事情

パラサポWEB

11月4日は「いい推しの日」。いまや、日本人の約3割が推し活*をしているそう。2023年のユーキャン新語・流行語大賞に「4年ぶり/声出し応援」がノミネートされたように、スポーツ観戦もコロナ禍以前の楽しさと熱気が戻ってきた今年、日本財団パラスポーツサポートセンター(パラサポ)は、運営するSNSで「#パラ推し祭」と題し、推しのパラスポーツや、推しのパラアスリートとの笑顔になったエピソードなど、パラスポーツ界の推し活事情を聞いてみました。7,000を上回る「いいね」やコメントで、さまざまなストーリーがありましたので、コメントから読みとった注目ポイントを紹介します。
*モニタス調べ

投稿は「#パラ推し祭」で探せます。
今回ピックアップしたコメントは、本当に一部です。「わかる!」と思えるエピソードがそれぞれにあると思うので、各アカウントでプレイバックしてお楽しみください。
パラサポ公式Instagram|https://www.instagram.com/parasapo/
パラサポ公式X(旧Twitter)|https://twitter.com/parasapo

illustration by Kazue Shima

10代のパラアスリートの言葉に…

まずは、現在車いすテニス世界ランキング1位、2006年生まれの小田凱人選手への推しコメントから。

“不安との向き合い方を問われ「うまく行かないのが自分の中で当たり前」と語ったときの衝撃は忘れられません”

10月に中国で開催された「杭州2022アジアパラ競技大会」で来年のパリ2024パラリンピックの出場権を獲得した
photo by Hiroaki Yoda

続いて、10月にカザフスタン共和国で開催された「2023 パラアイスホッケー世界選手権」の日本代表チーム優勝に貢献し、大会ベストプレーヤー MVPに選ばれた2005年生まれの伊藤樹選手とのエピソードがこちら。

広告の後にも続きます

“そんな風に言ってくれた人は初めてで、感銘を受けた。アイスホッケーを知らなかった我が子も私も主人も樹くんが大好きになりました”

再びパラリンピックのメダル獲得を目指す日本代表にとってキーマンであり、今まさに世界に羽ばたこうとしている
photo by Hiroaki Yoda

やっぱり地元のアスリート!

“出身が同じ福岡の豊田まみ子さん!”

“長男と同級生でチームメイトだった藤原くん!勉強もできる頑張り屋さん。今の活躍が本当にうれしいです!”

バドミントンの元世界女王、豊田まみ子選手と東京パラリンピックで銅メダルを獲得した藤原大輔選手には、地元のファンから推す声が届きました。

“2児の母。これまで競技スポーツ経験なし。安芸の宮島、朱の鳥居を見ながら練習頑張ってます”

2022年度の才能発掘チャレンジ「J-STAR」プロジェクトで現れたローイング期待の新星、髙野紋子選手にも注目!

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル