top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

次回は名古屋! 杭州で開幕するアジアパラ競技大会の見どころ

パラサポWEB

4年に一度、アジアパラリンピック委員会(APC)が主催する総合スポーツ大会が2026年に名古屋で開催されることをご存じだろうか。

そのひとつ前の大会、「杭州2022アジアパラ競技大会」が22日、1年の延期を経て中国・杭州で開幕する。

2026年の名古屋で活躍するであろう若手選手も多く参加するほか、パリ2024パラリンピックの出場権をかけて行われる競技・種目もあり、出場する選手たちの心は燃えている。

卓球と車いすテニスに注目!

男子シングルス世界ランキング3位の八木克勝は、次回開催都市がある愛知県出身だ(写真は、木下グループ ITTF JAPAN PARA OPEN 2023)photo by Takamitsu Mifune

アジアパラの2週間前に閉幕し、日本代表選手団が金52個を含む188個のメダルを獲得した「第19回アジア競技大会(2022/杭州)」から刺激を受けた選手も多い。

卓球岩渕幸洋(クラス9)は話す。

広告の後にも続きます

「卓球は中国で人気のある競技。テレビでアジア大会を見て会場の雰囲気などやりづらいのではないかと思ったが、早田ひな選手らが中国選手を破って勝ち上がる姿を見て、どんな環境でも自分を信じることができれば自ずといいパフォーマンスにつながるのだと勉強になった。いいイメージをもって取り組みたいと思っています」

卓球はシングルスで優勝すればパリパラリンピックの出場権を獲得できる。東京2020パラリンピックにあと一歩で出場できなかった七野一輝(クラス4)、8月のジャパンパラオープンのシングルス王者・八木克勝(クラス7)らが出場。パリの出場権を勝ち取ることができるか。

今大会の日本代表選手団で主将の大役を担うのは卓球の岩渕。「緊張感の高いプレッシャーのかかる大会だが、シングルスの金メダル獲得を目指してベストパフォーマンスをしたい」と力を込めた。

車いすテニスの上地結衣は前回のアジアパラでパラリンピック切符をつかんだ
(写真は飯塚国際車いすテニス大会)photo by Tomohiko Sato

日本のメダル量産が期待される車いすテニスも、男女シングルス優勝者にパリパラリンピックの出場権が与えられる。前回の「インドネシア2018アジアパラ競技大会」では国枝慎吾上地結衣が優勝を飾り、いち早く東京パラリンピックの出場資格を獲得。東京大会ではメダル獲得の活躍を見せた。直近の20日まで東京・有明で開催された「木下グループジャパンオープン2023」で初優勝を飾った17歳の小田凱人がパリ切符獲得に挑む。同準優勝でダブルス優勝の眞田卓はベテランならではの試合運びで勝機をにらむ。

木下グループジャパンオープン2023のシングルスで優勝した小田凱人は「勝てば正式にパリが決まる。すごく楽しみ」と話す
photo by Jun Tsukida

同じくパリの出場権がかかる射撃は、5月のワールドカップで女子選手中2位となり、パラリンピック全競技の日本代表として1枠目となるパリパラリンピック出場権を獲得した瀬賀亜希子らが出場する。

世界への登竜門

「総合大会であるアジアパラは、結果を求められると同時に、異競技と情報交換をする好機会」とはテコンドーの作田武俊監督。「選手村という特別な空間で様々なことを試したい」とパリパラリンピックを見据えて語る。テコンドーも、アジアパラはパリ出場資格獲得の対象大会になる。

選手村に入ったテコンドーの工藤俊介(左)と阿渡健太
photo by Takamitsu Mifune
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル