top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

秋台風が大きな災害をもたらしやすい理由として誤っているものはどれ?

防災ニッポン

A)海水温が高く台風が発達しやすい

B)台風の速度が遅い

C)日本付近に秋雨前線がある

 

答えは次のページへ!

答え:B

広告の後にも続きます

秋の台風は偏西風に乗ってやってくる特徴があり、台風の速度は夏台風に比べて速くなります。その移動スピードが台風本体の風の強さに加わり、台風の進行方向に対して右側で、しばしば暴風が吹き荒れるのです。

海水温が高いというのも、秋台風が発達しやすい理由のひとつになります。気温と違い、海水温が一番高くなるのは、実は夏ではなく秋。海水温が高ければ、海水から台風へのぼっていく水蒸気が多くなり、水蒸気を受け取ることで台風はどんどん勢力を強めていきます。その上、もし台風付近に秋雨前線が停滞していれば、台風が接近することで秋雨前線も強化され、激しい雨となります。

このように台風が強まる条件が揃っているため、秋の台風は大きな災害をもたらしやすく、情報収集としっかりとした対策が重要です。

(参考記事)
【気象予報士が解説】秋の台風はここに注意!

〈執筆者プロフィル〉
nagi フリーランスライター

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル