top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【竜王戦ちょこっと秘話】藤井聡太八冠が昼寝した「仁和寺の布団」は「素泊まり1泊100万円」の寝心地

アサ芸プラス

 京都の仁和寺(にんなじ)といえば、徒然草に登場するお調子者「仁和寺の法師」を思い出すが、今でいう観衆ウケを狙ってやらかす「痛いYouTuber」みたいなキャラだったのだろう。

 その仁和寺が鈴虫の音とともにスモークとイルミネーションで幻想的に浮かび上がる中、将棋の藤井聡太が八冠獲得後に初めて迎える防衛戦「竜王戦第2局」の前日レセプションと記者会見が開かれた。

 その会見で話題になったのは、仁和寺の配慮で用意された「控え室の布団」だ。主催者の読売新聞によれば、仁和寺での竜王戦の対局は、今年で5年連続5回目。そのうち藤井八冠は2021年から3年連続で仁和寺を訪れているが、

「基本的に対局中に使うお部屋なので、布団に入ってぐっすり寝てしまうことはできないんですけど、体を休めたいこともあるので、すごくありがたい配慮だなと思っています。これまでもお昼休みの時に入ったことがあったと思います(笑)」

 そう明かしていたのだ。

広告の後にも続きます

 2023年10月18日、第2局を107手で2連勝した後の記者会見でも、控え室の布団を使ったかを尋ねられた藤井八冠は、笑いを交えてこう答えた。

「今日のお昼休憩で多分、20分くらい入って休んでいました」

 実は仁和寺は竜王戦の対局会場となる前年の2018年春、境内の旧家屋を改築して外国人富裕層をターゲットにした高級宿坊「松林庵」を開業している。もとは古刹の寺医を代々つとめた久富家の邸宅で、延床面積159.9平方メートルの木造2階建て数寄屋造り。一棟まるまる貸切利用料はなんと「素泊まりで1泊100万円」だという。

 1泊100万円の高級宿坊で提供されている布団と同じであるかは不明だが、藤井八冠が入ってみたくなった布団が1泊100万円と同等の寝心地であったことは間違いないだろう。

 藤井八冠だけでなく、エンゼルスの大谷翔平も短時間の昼寝をすることで知られている。それが過去に「Number」誌のインタビューで渡辺明九段が評した「終盤力が違いすぎる」という、終盤にも決して落ちることのない藤井八冠の脅威の集中力と勝ち筋を見極める判断力の源泉かもしれない。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル