top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

キムタク主演『Believe』3話めにして視聴率遂に1ケタ台突入『VIVANT』戦略成功も右肩下がりを生んだ原因

SmartFLASH

木村拓哉

 

 5月9日、木村拓哉が主演のドラマ『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)の第3話が放送され、世帯平均視聴率が9.6%、個人視聴率は5.8%%だったことが10日、分かった(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)。

 

 初回は世帯平均視聴率11.7%、個人視聴率6.8%という好発進。第2話は1.6ポイント減の10.1%と、下がったものの2ケタをキープしていた(個人視聴率は5.9%)が、ついに3週めにして1ケタ台に突入してしまった形だ。

広告の後にも続きます

 

 木村が演じるのは、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、帝和建設の狩山陸。刑務所に収容されるという困難に見舞われながらも、希望と再生の道を模索する――というストーリーだ。熱心なファンも多いようで、視聴率のニュースを報じたサイトのコメント欄には

 

 

《見てるけど普通に面白いと思うんだけど》

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル